自動運転レベル4導入を支援、保険と技術の「パッケージサービス」を提供 損保ジャパン

テクノロジー レスポンス

損害保険ジャパンは、自動運転レベル4(限定地域での完全自動運転)サービス向けに、アフターサービスパッケージを提供する。

アフターサービスパッケージは、自動運転の導入前から導入後も継続して安心、安全を提供する保険と技術を融合したパッケージ。今回、ヤマハ発動機、ティアフォーの合弁会社eve autonomyが展開するサブスクリプション型で提供する自動搬送サービス「eve auto」に組み込んで提供する。

また、損害保険ジャパンは、「eve auto」に事故防止を支援するAI技術を活用した自動運転デジタルリスクアセスメントも提供する。自動走行時のカメラやLiDARの情報からリスクシーンを抽出して、判断根拠を言語化した。これらの研究成果をAIと信号処理技術を活用してシステム化し、損害保険ジャパンが蓄積する事故データを融合することで、自動運転デジタルリスクアセスメントを開発した。

これを自動搬送サービスに活用することで、自動運転固有のリスクを含む評価レポートを迅速に作成可能となり、安全な自動運転導入に向けた準備をサポートする。

  • レスポンス編集部
  • eve auto《画像提供 損害保険ジャパン》
  • 自動運転デジタルリスクアセスメントのイメージ《画像提供 損害保険ジャパン》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ