3種類の重低音を楽しめる、コンパクトサブウーファー発売…ケンウッド

テクノロジー レスポンス

ケンウッドは、市販向けチューンアップ・サブウーファーの新製品「KSC-SW12EQ」を12月6日より発売する。

新製品は3種類の重低音を楽曲や気分に合わせて選んで楽しめる「ACTIVE EQ」を新たに搭載する。「HEAVY」はボリューム感と豊かで重みのある音質、「FLAT」は基本の音質、「TIGHT」はアタック感と厚みのある音質。楽曲のジャンルやドライブ中の気分に合わせて重低音を選んで楽しめる。

また、本体構造を新設計し、従来モデルに比べて内容積を106%、振動板のサイズを114%にアップ。余裕があり、より深みのある重低音の再生を可能にした。新開発のエッジは微小な段差形状を採用した独自技術により、振動板の不要な動きを抑制。大音量でも歪みにくく、安定した音圧感のある重低音を楽しめる。

最大出力は160W。本体寸法は幅280×高さ70mm×奥行200mm。シートの下にも設置できるコンパクトサイズながら、同社製「彩速ナビ」やスピーカーシステムと組み合わせることで、車室内の音響環境を手軽にワンランクアップできる。

市場推定価格は2万2000円前後。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 周波数特性《グラフ提供 JVCケンウッド》
  • ケンウッド チューンアップサブウーファー「KSC-SW12EQ」《写真提供 JVCケンウッド》
  • リモコン部《写真提供 JVCケンウッド》
  • 新開発エッジ《写真提供 JVCケンウッド》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ