幻の最軽量ポルシェが50年ぶり復活!? ヘリテージ第2弾『911 ST』実車をスクープ

新車 レスポンス

ポルシェが幻のモデル「ST」を50年ぶりに復活させるという。『911 GT3ツーリング』をベースとしたロードカーとして生まれ変わる『911 ST』、その最新プロトタイプをスクープサイト「Spyder7」が捉えた。

911 STは、1970年台にレースカーとして誕生。当時911史上最軽量モデルを目標に、わずか24台のみ製造された幻のモデルだ。

雨中で捉えた最新プロトタイプは、今年始めに発売された『911スポーツクラシック』から受け継ぐダブルバブルルーフを採用していることがわかる。このプロトタイプはオールブラック仕様だが、生産モデルでは別の配色によりルーフデザインをより強調する可能性がある。もう一つの注目はセンターロックホイールだが、これはSTがGT3ツーリングをベースにしている可能性を示唆している。

リアエンドでは、ブレーキランプの向かって左、エンジンカバーのメッシュに奇妙な黒い円が確認できる。確かなことはわからないが、カメラマンによると、911スポーツクラシックのエンブレムに似た、ポルシェヘリテージロゴが設置されている可能性があるという。またバンパーには、中央にデュアルエキゾーストパイプをインストールしているほか、アグレッシブなディフューザーが装備されているが、これもGT3と同じ仕様に見える。

STでは、スポーツクラシックと同様6速マニュアルトランスミッションが予想され、後輪のみにパワーを伝達するRRとなる。スポーツクラシックが屈強な911ターボパワートレインを採用する代わりに、4.0リットル自然吸気フラット6をGT3 RSから採用することが濃厚で、最高出力525ps、最大トルク469Nmを発揮する。

911 STはポルシェが計画しているヘリテージバージョンの第2弾として発売される。初代は限定24台だったが、復刻モデルではスポーツクラシックの2500台に対し、1200台以上が発売される可能性がありそうだ。

ワールドプレミアは、2023年内で。STの後にはヘリテージモデル第3弾となる『911 RS』が噂されている。

  • Spyder7編集部
  • 50年ぶりに復活するポルシェ『911 ST』のプロトタイプ(スクープ写真)《APOLLO NEWS SERVICE》
  • 50年ぶりに復活するポルシェ『911 ST』のプロトタイプ(スクープ写真)《APOLLO NEWS SERVICE》
  • 50年ぶりに復活するポルシェ『911 ST』のプロトタイプ(スクープ写真)《APOLLO NEWS SERVICE》
  • 50年ぶりに復活するポルシェ『911 ST』のプロトタイプ(スクープ写真)《APOLLO NEWS SERVICE》
  • 50年ぶりに復活するポルシェ『911 ST』のプロトタイプ(スクープ写真)《APOLLO NEWS SERVICE》
  • 50年ぶりに復活するポルシェ『911 ST』のプロトタイプ(スクープ写真)《APOLLO NEWS SERVICE》
  • 50年ぶりに復活するポルシェ『911 ST』のプロトタイプ(スクープ写真)《APOLLO NEWS SERVICE》
  • 50年ぶりに復活するポルシェ『911 ST』のプロトタイプ(スクープ写真)《APOLLO NEWS SERVICE》
  • 50年ぶりに復活するポルシェ『911 ST』のプロトタイプ(スクープ写真)《APOLLO NEWS SERVICE》
  • 50年ぶりに復活するポルシェ『911 ST』のプロトタイプ(スクープ写真)《APOLLO NEWS SERVICE》
  • 50年ぶりに復活するポルシェ『911 ST』のプロトタイプ(スクープ写真)《APOLLO NEWS SERVICE》
  • 50年ぶりに復活するポルシェ『911 ST』のプロトタイプ(スクープ写真)《APOLLO NEWS SERVICE》
  • 50年ぶりに復活するポルシェ『911 ST』のプロトタイプ(スクープ写真)《APOLLO NEWS SERVICE》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ