「モンスター田嶋」、産棄物処理法違反で逮捕

社会 レスポンス

タジマモーターコーポレーションの田嶋伸博会長兼社長が、長野県大町市内の原野に金属くずなどを捨てた産棄物処理法違反の疑いで逮捕された。同社が12月7日に発表し、現在は事実関係を調査中としている。

タジマでは、グループ事業として長野県大町市にある爺ガ岳スキー場の経営に2020年から参画している。爺ガ岳スキー場はタジマが事業再生目的で買収した大町温泉観光が運営している。タジマでは、爺ガ岳スキー場の施設が老朽化し、安全性に問題があることから対応を大町温泉観光に要請、大町温泉観光が建物を取り壊したが、この際の金属くずなどの廃棄物を、爺ガ岳スキー場内に埋めて投棄したとしている。

この廃棄物処理に関して、大町温泉観光の代表者が捜査の対象となったことを機に、タジマは事実を把握し、大町温泉観光に廃棄物を法令に沿って適切に処分することを指示して実行したとしている。その後、大町温泉観光の代表者は起訴されている。

一部報道では、タジマの田嶋社長がが関連会社役員と共謀して廃棄物を処理したとされているが、タジマでは「そのような共謀の事実はない」としている。

ただ、タジマでは子会社が産棄物処理法に違反していた行為があり、タジマが違反の事実を把握できずに対応を指示していなかったことを認めており「深くお詫びを申し上げるとともに、今後はグループ内各社の法令遵守体制を強化する」としている。

田嶋会長は「モンスター田嶋」の愛称で知られ、ヒルクライムレースなどで活躍してきた。電気自動車普及協会(APEV)代表理事なども務めている。

  • レスポンス編集部
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ