ホンダの新型コンパクトSUV『WR-V』、生産開始…インドネシア

新車 レスポンス

ホンダは12月2日、新型コンパクトSUV『WR-V』(Honda WR-V)の生産をインドネシアで開始した、と発表した。

WR-V は、『CR-V』、『HR-V』、『BR-V』など、販売面で成功を収めてきたホンダのSUVラインナップを強化するモデルだ。WR-Vのフロントには、立体的デザインのグリルと、スポーティなダーククロームのアクセントを備えたスリムなLEDヘッドライトが採用された。シーケンシャルウインカーも装備する。リアにはLEDバーをレイアウトした。最低地上高は220mmと、クラス最高を確保している。

パワートレインには、1.5リットル直列4気筒ガソリンエンジンを搭載した。クラス最高レベルの最大出力121ps/6600rpm、最大トルク14.8kgm/4300rpmを発生する。トランスミッションには、力強い加速性能と4%の燃費向上を可能にする「G-design」シフト技術を採用したCVTを組み合わせた。

ドライバー正面には、4.2インチのTFTディスプレイを装備した。「ホンダ・センシング」の状態や平均燃費、走行距離などの情報を表示する。ダッシュボード中央には、スマートフォン接続やハンズフリー通話など、さまざまな機能を備えた7インチタッチスクリーン付きオーディオを装備している。

  • 森脇稔
  • ホンダのインドネシア工場で生産が開始された WR-V《photo by Honda》
  • ホンダのインドネシア工場で生産が開始された WR-V《photo by Honda》
  • ホンダ WR-V《photo by Honda》
  • ホンダ WR-V《photo by Honda》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ