CB1300白バイ、エンジン停止や赤色灯・サイレン使用不可となるおそれ…リコール

モーターサイクル レスポンス

ホンダは12月8日、白バイ仕様を含む『CB1300スーパーフォア/スーパーボルドール』の発電機などに不具合があるとして、リコール(回収・無償修理)を国土交通省へ届け出た。対象となるのは2020年12月8日〜2022年6月2日に製造された2055台。

対象車両は発電機において、ステータコイルが組付けられている左側クランクケースカバー内側のリブ部高さ設定が不適切なため、コイル線がリブ部と干渉すると損傷して短絡することがある。そのため、バッテリが充電不足となり、そのまま使用を続けると、走行中にエンジンが停止して再始動できなくなるおそれがある。

改善措置として、全車両、左側クランクケースカバーを対策品に、ステータコイルを新品に交換する。なお、一部の車両においては、当該リブ部を修正する。不具合は6件発生、事故は起きていない。

また、白バイ仕様は車体リヤ側アースナットねじ部の塗装時に使用する治具の選定が不適切なため、アースナットねじ部に塗装が付着しているものがある。そのため、アースナットとアースボルト間に酸化被膜が発生。電気抵抗が上昇して導通不良となり、赤色灯やサイレン、無線機が使用できなくなるおそれがある。

改善措置として、全車両、車体リヤ側アースナットねじ部をねじ切り処理する。不具合は6件発生、事故は起きていない。

いずれも市場からの情報によりリコールを届け出た。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • ホンダ CB1300スーパーフォア《写真提供 本田技研工業》
  • ホンダ CB1300スーパーボルドール《写真提供 本田技研工業》
  • 改善箇所(左側クランクケースカバー)《図版提供:国土交通省》
  • 改善箇所(アースナット)《図版提供:国土交通省》
  • 対象車種《表提供:国土交通省》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ