デリバリーサービスを脱炭素化、ウォルト向けに電動バイク導入促進

モーターサイクル レスポンス

オークネットは、デリバリーサービス「ウォルト」を展開するウォルトジャパンの配達パートナー向けに、電動ビジネスバイクのリース販売を開始した。

コロナ禍を機にデリバリーニーズの拡大で、配達員が利用するビジネスバイクの需要も増大している。とくに住宅地の配達に適している電動ビジネスバイクの需要拡大が見込まれているものの、大手企業向けのリース中心の販売形態となっており、個人事業主は利用しづらいのが現状だ。

同社ではこうした課題に応えるため、ガソリンエンジンのビジネスバイクを利用している中小企業や個人事業主を対象に、2022年7月からホンダ製電動バイクリースなどの事業を展開している。

今回、北欧発でSDGsに関心が高く、個人事業主の配達パートナーが多いデリバリーサービス「ウォルト」の配達パートナー向けに、電動ビジネスバイクのリース販売を開始した。

リース販売では、CO2排出削減に積極的で公的補助金のメリットも大きい東京都に所在する事業主を対象に展開する。配達パートナーが利用しやすいよう、希望者にはスマホホルダー、グリップヒーター、リアボックスの取付費用を無料で提供する。

同社は、2022年7月に電動ビジネスバイクのリース事業とメンテナンス事業に参入した。車両はホンダモーターサイクルジャパンから供給を受け、主なリース先としては既にガソリンエンジンのビジネスバイクを利用している全国の中小企業や個人事業主、バイクオークション加盟店の顧客などを想定する。

また、車両のリースに加え、車体・バッテリー両方のメンテナンスや部品を交換する総合サービスを提供するため、まず東京、名古屋、大阪、福岡を中心とした都市エリアから車両メンテナンスネットワークを構築・展開する。

  • レスポンス編集部
  • ウォルト《Photo Illustration by Pavlo Gonchar/SOPA Images/LightRocket/ゲッティイメージズ》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ