ティグアン と パサート の次期型も、VWが14車種の新型車発売へ…今後4年間に

新車 レスポンス

フォルクスワーゲン(Volkswagen)は3月27日、今後4年間に14車種の新型車の発売を計画していると発表した。

フォルクスワーゲンブランドは、2033年からヨーロッパでEVのみを生産し、2026年までに10の新しいEVを導入する予定だ。今後4年間に発売予定の14車種にもEVは含まれており、新世代EVの「ID.」ファミリー初のセダン『ID.7』、コンパクトEVの『ID.2』、改良新型『ID.3』が登場する。

また、14車種の中には、『ティグアン』の次期型と『パサート』の次期型も含まれている。現行ティグアンとパサートには、電動モデルとして、プラグインハイブリッド車(PHEV)を用意している。

  • 森脇稔
  • フォルクスワーゲン・パサート ・ヴァリアント 現行型《photo by VW》
  • フォルクスワーゲン ID.3 改良新型《photo by VW》
  • フォルクスワーゲン ID.2 オール《photo by VW》
  • フォルクスワーゲン ID.7 のプロトタイプ《photo by VW》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ