強度がアップ、ラプターライナー塗装されたジムニー...アウトドアデイジャパン東京 2023

業界 レスポンス

2023年4月1日から2日まで、東京の代々木公園イベント広場では、アウトドアメーカー・ギア取り扱い店などが一同に集まり、新製品や人気の商品などを展示・デモを行う『アウトドアデイジャパン東京2023』が開催されている。

会場には自動車メーカー・カスタムパーツメーカーなども出展しており、イベントには絶好の晴天と、入場無料ということで多くの人で賑わっていた。スズキカスタム販売のブースには、『ジムニー』と『エブリイ』のカスタムカーが展示されていた。

ジムニーはツートンカラーになっているが、ルーフやリアピラー部分のカーキ色の部分については、ラプターライナーという表面がゴツゴツした塗装を施し、傷などに対しての強度を上げているとのこと。リフトアップ、ホイール・タイヤの変更、フロント・リアバンパーの変更が施され、よりアウトドア志向の強いジムニーに仕上がっていた。

エブリィについては、車中泊仕様のモデルが2台展示されていた。1台は後席をたたみ、車内にフラットボードを設置し車内で寝られるタイプ。もう1台は、ルーフトップにポップアップテントを取り付けたモデルだ。両車両ともフロントバンパーを変更し、ガードバーが取り付けられ、よりアウトドア志向の強い見た目へとカスタムされていた。

今回アウトドアデイジャパンに出典したいきさつを担当者に聞いた。「もともとカスタム車の販売をメインにし、店名もスズキカスタム販売のため、クルマ好きの方からはお声掛けいただくことが多い。しかしクルマはそこまで興味はないが、アウトドアに使えるクルマなら少し見てみたいという方にアプローチできればと考え、出展している」とのこと。

軽自動車をカスタムした車中泊が流行しているが、そういったカスタムの発注増があるかについては、そこまで受注は多くないとのこと。やはりホイールやタイヤなど、見た目を変えて楽しく乗れるというカスタムで訪れる客が多いそうだ。リフトアップとホイール、タイヤ交換をできるだけ安価で手がけるとどれくらいの価格で出来るのかを聞いたところ、シンプルにまとめればざっくり60万円くらいからできると教えてくれた。

  • 関口敬文
  • バンパーが変更され、マフラーも同社のオリジナルマフラーが取り付けられていた。《写真撮影 関口敬文》
  • リフトアップされ、タイヤもよりアウトドア志向に。《写真撮影 関口敬文》
  • 同社では1インチと1.5インチのリフトアップパーツを販売中だ。《写真撮影 関口敬文》
  • カーキ色の部分がザラザラした塗装になっている。これで強度がかなり上がっているとのこと。《写真撮影 関口敬文》
  • 保安基準対応の『UPSTYLEマフラー』。《写真撮影 関口敬文》
  • ルーフトップにポップアップ型のテントを装備。《写真撮影 関口敬文》
  • テントだけでなく、横にタープが広がるタイプ。《写真撮影 関口敬文》
  • ルーフトップのテントにははしごで上る。《写真撮影 関口敬文》
  • こちらのエブリィもマフラーはチタンテール仕様の『UPSTYLEマフラー』に交換されていた。《写真撮影 関口敬文》
  • フロントのスズキロゴが、同社がリリースする『クラシックエンブレム』に変更されていた。《写真撮影 関口敬文》
  • 同社の『UPフロントバンパータイプ2』は、フロントバンパーの高さが短くなっているため、車高をより高く見せる効果がある。《写真撮影 関口敬文》
  • フラットボードを設置して、車中泊仕様に。《写真撮影 関口敬文》
  • ラゲッジトノボードをラゲッジボードステーの上段にマウントすれば、テーブルとしても使える。食事の際などに便利だ。《写真撮影 関口敬文》
  • サイドには多孔ボードを設置して、フックを取り付けコップホルダーに。《写真撮影 関口敬文》
  • スズキカスタム販売のブース。《写真撮影 関口敬文》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ