メーカー選手権のヒーローたち【ポルシェ917】

モータースポーツ WEB CARTOP

フォードGTに真っ向勝負を挑みポルシェが悲願を達成

前回紹介したフォードGT、通称「GT40」は、1966年から69年まで、スポーツカーレースの檜舞台として知られるル・マン24時間レースで4連覇を達成。同時に66年の国際スポーツプロトタイプ選手権、67年の国際スポーツカー選手権と世界レベルの選手権を連覇。さらに68年から始まった国際メーカー選手権でも記念すべき初代のチャンピオンに輝いている。

このフォードGTに真っ向勝負を挑み、69年には国際メーカー選手権で王座に輝き、70年には悲願だったル・マン24時間レースの総合優勝を勝ち取ったのがドイツの雄、ポルシェだった。

そもそも、天才的なエンジニアとして知られるフェルディナント・ポルシェ博士が興したポルシェは、操業当初から自動車レースとは深い関係があったが、自らの名を冠したクルマは比較的小排気量で、レースでもクラス優勝は数知れないほど無数にあったが、総合優勝は大排気量車に譲るケースが少なくなかった。

個人的には小学生のころ、8歳年上の兄から「レースに負けると排気量を大きくして再挑戦するライバルと違って、小さい排気量のままチューニングを重ねて再挑戦するのがポルシェの流儀」と吹き込まれたせいか(?)エンジニアリング・オリエンテッドなポルシェを崇拝する気持ちは強く、中学生のころにはドイツのポルシェ本社宛に手紙を書き(正確にはまだ西ドイツだったが)、カタログを所望した記憶がある。送られてきたのは911の広報写真だったが……。

閑話休題、フォードGTを打ち破ってスポーツカーレースの頂点に立ったポルシェの、当時の主戦マシンは917。世界のモータースポーツを統括するFIA(世界自動車連盟。厳密にはその下部組織であるFISA=国際自動車スポーツ連盟)が定義する車両カテゴリーとしてはグループ4(スポーツカー)に組み入れられているが、そこには、日本の片田舎に住んでいた小学生(とその8歳年上の実兄)には窺い知ることのできない深い事情があったのだ。

当時のスポーツカーレースは3リッター以下のグループ6(レーシング・プロトタイプ)と5リッター以下のグループ4によって戦われていた。

単純に考えれば5リッターのほうが有利だが、こちらはスポーツカーのカテゴリーで、トランクのスペースを確保する必要があったりする上に、最低でも50台を生産する必要があった。

一方のグループ6はレーシング・プロトタイプで最低生産台数の縛りがなく、よりレーシングカー的なパッケージが使えるカテゴリーだった。

アメリカでビッグ3の一角を占めるフォードにとって、50台の(レーシングカーに近い)スポーツカーを生産することは無理ではなかったが、ポルシェのような小さなメーカーにとっては50台という数字はハードルが高かった。それでより小まわりの利くグループ6で戦いを挑んできたのだが、69年にレギュレーションが改変され、事態はポルシェに有利に動いた。グループ4の最低生産台数が緩和され、50台から25台に半減されたのだ。

ル・マン仕様も用意されたがベースモデルでル・マン24時間を制覇

69年、先ずは標準ボディの917がデビュー。全長6kmにも及ぶユーノディエールのストレートがあり、よりドラッグレスが要求されるル・マン24時間レースに向けてはテールを伸ばしたLH(ラングヘック:Langheck=ロングテールの意)が投入される。70年にはショートテール仕様がK(クルツ:Kurz=ショートの意)に進化。跳ね上げられたテール部分の処理が、オリジナルの917とは異なっていた。

さらに71年のル・マンにはワイドボディの917/20が登場。大柄な外観からpig(豚)とのニックネームを授かったが、ポルシェはこれを逆手にとり、ピンクにペイントしたボディの各部に、それぞれ相応する豚肉の部位を表す単語をあしらって見せたのだ。そんなジョークはさておき、ポルシェが最大の目標としていたル・マン24時間レースでは、デビューイヤーの69年こそ2台ともにトラブルでリタイヤしたものの、70年にはオリジナルのショートテールバージョンをアップデートした917Kが悲願の優勝を達成。ル・マン仕様の917LHがこれに続いて1-2フィニッシュ。さらに3位にもグループ6の908が入り、ポルシェは表彰台を独占している。

翌71年にはリヤに垂直のフィンを追加するなど、さらにアップデートを重ねた917Kが1-2フィニッシュ。見事2連覇を飾ることになった。ちなみに、ル・マン仕様として開発されたLHは、ポルシェの目論見どおり、最高速/最速ラップではライバルを圧倒したが、70年/71年ともに優勝には手が届かなかった。今回のメインテーマであるメーカー選手権に関しても、908が主戦マシンだった69年に初めてスポーツカー/スポーツプロトタイプカー部門のタイトルを獲得。70年からは917が主戦マシンとなり、71年まで都合3連覇を達成。なおGT部門では68年から75年まで8連覇を飾っている。

Gulfカラーの#2号車は、2015年の2月にスパ-フランコルシャンのサーキット博物館で撮影した917K。同博物館では70年モデルと表記されていたが、16年の6月に、英国のビューリー国立自動車博物館で見かけた際には71年モデルと表記されていた。

MARTINIカラーの21号車は15年の2月にドイツのポルシェ博物館で撮影した71年モデルの917LH。70年モデルのLHとはリヤのホイールアーチにスパッツが装着されていることが大きな違いとなっている。

同じく、ピンクピッグ(紅の豚)の愛称を持つ23号車は15年の2月にポルシェ博物館で撮影した71年式の917/20。純白のボディにMARTINIストライプが映える22号車は71年式の917KHで、こちらは09年の6月に、やはりポルシェ博物館で撮影。70年式の917Kと最大の相違点はリアフェンダーに装着された一対の垂直フィン。

そして、前回、フォードGTでも話題になった(?)レプリカ・コーナーだが、シルバーのボディにMARTINIストライプが走る21号車は、2013年の10月に、お台場で行われたモータースポーツジャパンで撮影した917LHi。

K4-GPを主宰するマッドハウスが、2009年の大会用に自ら製作した1台。末尾のiは、これが三菱i(アイ)のエンジンやさまざまなパーツを使って仕上げられたことからの命名、とのこと。

(写真提供:原田了、ポルシェ)

  • WEB CARTOP
  • WEB CARTOP
  • WEB CARTOP
  • WEB CARTOP
  • WEB CARTOP
  • WEB CARTOP
  • WEB CARTOP
  • WEB CARTOP
  • WEB CARTOP
  • WEB CARTOP
  • WEB CARTOP
  • WEB CARTOP
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ