【注意】保安基準適合シートへの交換でも車検に通らない場合がある

コラム WEB CARTOP

ドアや座席数などでも基準は変わる

スポーツ走行を行うとき、シートの交換は重要なチューニング。ホールド性がよく、ナチュラルなポジションで、ドライバーが力まないで操作できるシートは、立派なハンドリングパーツのひとつと言える。

モータースポーツユースなら、理想はバケットシートとなるが、バケットシートに交換することによって、車検に不適合になることがあるので要注意。バケットシートで、車検NGになるのは次のケース

・2ドアの4シーター車で運転席にも助手席に背もたれ一体式のフルバケットシートを装着した場合

これは、シートが倒れなくなることによって、後部座席に人が乗り降りできなくなるため。助手席もフルバケットシートにしたい人は、後部座席を取り外し、乗車定員を2名にする構造変更(記載事項変更)の届けを出せばOK。

・シートやシートレールが保安基準適合品でない場合

レカロなどの有名メーカーのシート&シートレールなら、保安基準適合シールや証明書がついてくるので、そうした書類があれば大丈夫。そうでない製品は、純正シートに戻して車検をとおしたほうが無難。(陸運支局や、検査官によっては、そこまで細かくチェックしない場合もある)

・後部座席があるクルマで運転席および助手席のバケットシートのシートバックが硬い素材剥き出しになっている場合

この場合、後部座席乗員を急ブレーキなどから保護するための、シートバックプロテクター(保護パッド。ウレタンなどのクッション材でも可)が装着されていればOK。2シーターのクルマは、後部座席がないので、保護パッドなしのフルバケットシートでもまったく問題なし。

ただし、後席があるクルマなのに純正でシートバックが樹脂やカーボン製のシートを装着しているモデルもある。こうしたシートや、単体で販売される一部シートではその状態で後部乗員保護の強度試験をクリアしており、その旨を証明した結果を陸運局に届け出ているために緩衝材が不要ということなので、シート購入時は十分に確認してほしい。

さて、細かく見れば、車検=保安基準はこれらの条件をクリアしないと通らないことにはなっているが、シートに関しては、わりとルーズで、マイナーなメーカーのフルバケットシートで、保安基準適合シートや証明書が揃ってなくても、車検に合格した例も少なくないのが現状だ。

レカロ、スパルコ、ブリッドなど、大手メーカーのセミバケットシートなら、難なく車検にも通るだろうが、フルバケットシートの場合は、メーカーの有名無名に関わらず、装着前に車検対応か否かを問い合わせてから購入しよう。

  • WEB CARTOP
  • WEB CARTOP
  • WEB CARTOP
  • WEB CARTOP
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ