ホンダ クラリティを導入! 6月末からFCVの走りをタクシーで体感できる

業界 WEB CARTOP

タクシー会社4社で運用を開始する

ホンダ(本田技研工業)は5月18日、初の量販FCV(燃料電池車)である「クラリティ フューエル セル」のタクシー運用を6月末をめどに開始することを発表した。

クラリティ フューエル セルは、一充填走行距離は約750km、一回あたりの水素充填時間は3分程度で、しかもセダンタイプのFCVとして初めて5人乗りに対応するなど、タクシー用途に適した性能とパッケージを備えている。 この運用に協力するのは、帝都自動車交通(東京都中央区)、仙台タクシー(宮城県仙台市)、大宮自動車(埼玉県さいたま市)、日野交通(神奈川県横浜市)の4社。

ホンダとしては今後、このタクシー運用を通じて得られた走行データなどをフィードバックし、FCVの研究開発に活用する計画だというが、クルマ好きにとってうれしいのは、今までは見ることさえ滅多にできなかったFCVに、後席でゆったりくつろぎながら、毎日でも乗れるようになるということだ。

FCVならではの静かかつトルクフルな加速と、滑らかな乗り心地に病みつきになり、毎日の通勤がFCVタクシーになるというプチセレブが現れるかもしれない。

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ