【夏に向けて確認】うっかり車内に積みっぱなしにすると危険なものとは

コラム WEB CARTOP

冬に積んだ解氷スプレー缶などは降ろしておく

真夏日に駐車している車内の温度は、短時間で50度以上に上昇する。またダッシュボードの最高温度は70度を超える高温状態に! こんな高温になる車内には、置きっぱなしにしてはいけないものがいくつかある。それらは、大きく分けて次の三種類といえる。

①高温で破裂する危険のあるもの

②高温で溶けたり変形するもの

③生き物(子供・ペット)

①については、ガラスクリーナーや解氷スプレー、虫よけなどのスプレー缶がとくに危険。また100円ライターや、乾電池(未開封の)炭酸飲料、化粧品なども、破裂した例があり、車内が悲惨な状態に……。  

②では、ガムテープやビニールテープ、チョコレートや飴、クレヨンなどが高温で溶けるとベタベタして、かなり厄介なことになるので、要注意。さらにはスマートフォンなども液晶がイカれたり、バッテリーが膨張したり(最悪、爆発する)、本体が変形することも報告されている。

③は積みっぱなしという今回のテーマとは異なるが、言うまでもなく短時間でも絶対ダメ。エアコンをつけっぱなしにしていても、なんかの拍子で止まる危険はゼロではないし、直射日光が当たるだけでも、ハイリスク。

毎年、必ず、炎天下に放置された子供の事故(事件!)が発生しているので、自分自身が気を付けるだけでなく、もし置き去りにされた子供やペットを見かけたら、レスキューのためのアクションを(短時間でも、立派な虐待行為)。また炎天下の車内に、生卵を置いておいたところ、数時間で半熟状態に固まっていたという実験結果もあり、人間のタンパク質も高温で固まる。

その他、シートベルトの金属の金具なども、火傷するほど熱くなっていることがあるので、同乗者、とくに子供には気を配ってあげることが肝要だ。

  • WEB CARTOP
  • WEB CARTOP
  • WEB CARTOP
  • WEB CARTOP
  • WEB CARTOP
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ