いすゞの歴史と名車を楽しめる「いすゞプラザ」が凄い!

業界 WEB CARTOP

子供から大人まで楽しめるコンテンツ満載!

 皆さんは「いすゞ自動車」にどのようなイメージをお持ちだろうか? 最近の読者の人からしてみればバスやトラックなどの「働くクルマ」のメーカーというイメージが強いかもしれない。だから「いすゞプラザ」と聞いてもピンとこないかもしれないが、実際に足を運んでみればいすゞは商用車だけのメーカーではないということがわかっていただけるハズだ。今回はそんな魅力たっぷりの「いすゞプラザ」をご紹介したい。

 神奈川県藤沢市にあるいすゞ藤沢工場ほど近くに今年の4月に完成したいすゞプラザは、いすゞ創立80周年記念事業の一環としてオープンした。延床面積5,630㎡の広大な空間のなかには、大きく3つのテーマに沿ってさまざまな展示物や体験型アトラクションなどが設置されている。

「運ぶ」を支えるいすゞ

 1階のエントランスを入るとまず目に飛び込んでくるのがピカピカにレストアされた「ウーズレーCP型」だ。これはいすゞが初めて作ったトラックであり、2013年の東京モーターショーで展示されたものだから、記憶にある方も多いのではないだろうか? なんとこの車両、外観だけではなく機関もレストアが施されており実走することが可能なのだという。

 その奥にはいすゞが支える「運ぶ」を可視化した日本最大級のジオラマが鎮座する。大きな街をまるごとジオラマにしており、そのなかを所狭しとミニカーが走り回る姿は一日中見ていてもまったく飽きないほど。こちらは別途詳しくお伝えしたい。

 そしてもちろん、運ぶを支える現行モデルのバスやトラックも展示されている。街なかで見かける機会の多い働くクルマたちだが、実際に間近でじっくり見る機会は意外とないもの。もちろん、車内もみることができるため、新たな発見がたくさんありそうだ。

2階はいすゞのクルマ作りを勉強できる

 2階にはいすゞのクルマ作りを見ることができるブースが用意されている。クルマの開発、設計から実際に組みあがるまでを順を追って確認することができるのだ。

 こちらはトラックがどういった部品で構成されるのかをビジュアルで確認することができるCG。拡大・縮小することで細かい部分までチェックできる。

 そしてトラックが生産ラインでどのように組み上げられているのかを見ることができるミニチュア模型もある。いすゞプラザの展示物に共通して言えることは、どれもミニチュア模型のクオリティが素晴らしいことだ。

 見学だけでなく、実際に体験できるコーナーもたくさん用意されており、写真のドライビングシミュレータのほかにも、塗装を疑似体験できるものや、ユーザーの要望に合わせてトラックの架装を行うというマニアックなものまで楽しむことができる。

ファン垂涎の名車も楽しめる

 そしてもちろん、いすゞの歴史を語る上で外すことのできない過去の名車たちが展示されるスペースも。写真は国産車離れしたデザインが美しい117クーペだ。

 さすがに過去の名車たちをすべて実車展示するわけにはいかないので、ここでもミニチュア模型が大活躍。もちろんキットが存在しない車種がほとんどのため、いすゞ社内でベースモデルを作り、フィニッシャーよって仕上げられたものなのだが、一部社内有志によって仕上げられたものもあるとの事。なかにはいすゞの役員が手掛けたものもあるとか……!?

 なお、いすゞプラザは入館無料となっており、平日は完全予約制、土曜日は一般開放されている(日曜、祝日は休館)。じっくり堪能できる平日がオススメだ。

 【詳しくはこちら】

 いすゞプラザ

 http://www.isuzu.co.jp/plaza/index.html

  • WEB CARTOP
  • WEB CARTOP
  • WEB CARTOP
  • WEB CARTOP
  • WEB CARTOP
  • WEB CARTOP
  • WEB CARTOP
  • WEB CARTOP
  • WEB CARTOP
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ
サイトマップ