【疑問】自動車における水素社会は本当にくるのか?

テクノロジー WEB CARTOP

先進国がエネルギー分野でイニシアチブをとるという側面もある

 脱石油というのは、多分に政治的な意味合いを持っていますが、一応はトレンドになっています。その最たるものが「CO2地球温暖化」説ですが、これは要するに「石油本位制」から「CO2排出権取引本位制」へのパラダイムシフトです。

 石油産油国の意向や状況に左右されず、CO2排出権取引という架空の空間でさまざまな投資や金融商品が展開されるという図式です。これであれば産油国ではない先進国が世界経済のイチシアチブを取ることができます。

 現実がどうか、科学的にどうか、というのではなく、世界的に認知されているという事実を担保として、そういう仮想空間ができあがり、それを現実だと世界中で共通認識するというわけです。この構造は、仮想通貨と同じです。

 世のなかはそうしたレトリックで廻っています。エコというタイトルが付けば、お役所では予算が獲得しやすく、民間企業はアピールしやすく、一般大衆は得した気分になります。本当は無駄に税金が使われたり、無闇に高価な製品を買わされたりして、かなり損をしているのですが、気分としては得なんだろうと思います。

 企業や組織も、自分たちにメリットがあるのであれば、現実から目をそらすことには何の問題もないのでしょう。そこに現実や科学が存在する必要はありません。水素社会というのは、水素中心のエネルギー社会の構築です。石油から水素へ、ということです。

 そうした脱石油トレンドのなかで、水素エネルギーへの転換はあり得るのでしょうか? 水素エネルギーのメリットとして挙げられるのは、炭素成分を持っていないのでCO2を排出しないことです。このことだけを見れば脱石油トレンドの、まさにド真んなかのストレートです。

水素は輸送も貯蔵もコストがかかる

 しかしデメリットも当然あります。まずエネルギー密度が極めて低いことです。これは常温で気体、というよりも高圧下でなければ液体にならないので、タンクが巨大になったり高圧タンクになったりで、その取り扱いが大変です。蒸発してしまうのも大きな問題で、タンカーによる海上輸送では1日あたり約3%もの水素が失われ、つまり2週間かかれば半分になります。

 そもそも水素を生成するのに、エネルギーが必要になります。そのエネルギーは電気がもっとも適切で、シンプルなのは水を電気分解する方法です。つまり電気によって水素を生成し、そこから電気を得ることになります。つまり電池として水素タンクが使われているわけです。

 ただしエネルギーは変換する時に確実にロスが出ます。たとえば一般的なリチウムイオン電池は充電して放電すれば、エネルギー量は元の電力の50%を超える程度になります。制御回路や熱、放電によって自動的に失われていくのです。電気分解&燃料電池でも、それぞれの変換効率は最高レベルでも50%を少し超える程度なので、つまり元の電力は25%程度になってしまうのです。

 水素社会のベースになるのは、やはり燃料電池です。そこで使われる水素ガスは、極めて純度の高いものでなければなりません。その部分でもまたエネルギーが使われます。また基本的に燃料電池は高温下で効率が高くなります。家庭用燃料電池では温水給湯システムが一体化していますが、それは燃料電池で使われる熱を利用したものです。一方で自動車用燃料電池では高温だと困るので、効率低下を許容して比較的低温で反応するシステムが採用されています。

 水素の輸送は効率が悪いので、水素社会が成立するためには、まずごく近くに水素を副生成物として生み出す施設が必要でしょう。火力発電所を都市の中央に据えるのは難しいですが、燃料電池発電所なら問題はないでしょう。ただし安い余剰電力を使って精製などをしようとする前提であれば、原子力発電所は不可欠ということになります。

 現在は一応日本の国家的なプロジェクトとして水素社会を目指しています。だから水素社会の方向へと進むことは間違いありません。ただそれが仮に実現したとしても、コストに見合うものになるか? 本当に我々にとってメリットがあるのか? それは別問題です。

  • WEB CARTOP
  • WEB CARTOP
  • WEB CARTOP
  • WEB CARTOP
  • WEB CARTOP
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ