【スバル360でアメリカ4000kmを激走】国沢光宏のグレートレース参戦記その5

コラム WEB CARTOP

前日に各部をメンテナンスして絶好調で4日目がスタート

4日目の朝も晴天に恵まれたグレートレース。今日は、昨日のゴール地点となったケンタッキー州・ボーリンググリーンをスタートし、オハイオ州を経由してインディアナ州・フレンチリックという歴史あるリゾート地でランチ。同じくインディアナ州のフランクリンをゴールとするルートを走る。

グレートレースは、まず朝一番で当日のコマ図をもらうところから始まる。その際、番号が書かれたクジを引くのだが、これが翌日の走行順になるのだという。コ・ドライバーの小島さんが引いたのは102番。明日は「102番目にスタートする=1分おきに参加車がスタートしていくので、コマ図に記されているスタート時間+102分」が、国沢号のスタート時間となる。

この日はコマ図の配布時点で大幅な変更が発生。午後に走る予定だった地域で工事があり、走れなくなったため、レグ5がすべてキャンセルになったのだ。そのため、ランチ前にレグ1~3まで走り、ランチ後にレグ4を終えたら、あとはそのままゴールまでの移動区間となることに。ちょっぴり(だいぶ!?)お疲れの国沢号&国沢さん&小島さん、今日は少しだけ休めそう!?

規定されている移動時間に対して、どうしてもパワーが足りない国沢号は少し早めにホテルを出発し、競技区間であるレグ1のスタート地点に向かう。昨日の競技終了後に、スーパーメカニックの喜多見さんが、足周りや駆動系パーツのメンテナンス実施。各部の増し締めなどを行ったのだが、これが効果テキメン! クルマの動きがしっかりし、またガタピシ音も激減したという。また今朝はエンジンも絶好調!! ただ「午前中調子がいい→午後に怪しくなる……」がいつものパターンのため、油断は禁物である。

今日のコースは、広大な畑や牧場が広がる農村地帯、狭いワインディングや丘陵地帯なども通るルートだ。コースを走っていて感じるのが、アベレージスピードの速さ。それほど道幅の広くないワインディングでも制限速度が45マイル(約72km/ h)となっていたりして、実際に地元ドライバーがビュンビュン飛ばしていく。ただ住宅街が近づくと30マイルや25マイルに落とされ、一時停止などの取り締まりも厳しいなど、日本と違って制限速度の設定にメリハリがある。

また移動区間には高速道路も多いが、フリーウェイは無料(一部を除く)なので、どのインターチェンジから何度出入りしても、お金は掛からない。そのため、日本のように至れり尽くせりのサービスエリア/パーキングエリアはなく、トイレと自動販売機を備えたレストエリアがたまにある程度。それでも、各インターチェンジの手前に、インターチェンジ付近にある飲食店やガソリンスタンドを示す看板が設置されているので、好みの店があるところで降り、飲食後/給油後にまた同じインターチェンジから乗り直せばいいという、非常に合理的な作りだ。

不安だったエンジンも好調で4日目をノートラブルで走りきる

さてレースのほうだが、コマ図が昨日ほど複雑ではなく(たとえば前日は「一番最初の舗装された道を右に曲がれ」という指示なのに、簡易舗装の怪しい道が正解……という引っかけ問題のような場所があった)、またコースのアップダウンが少なかったこともあって、レグ1は1時間51分走って規定時間から16秒遅れ、レグ2は40分走って2秒遅れ(惜しい!)という、これまでで最高の成績に! 登りの多かったレグ3ではスピードが足りず、54分走って48秒遅れとなってしまったが、これまでの状況を考えたら素晴らしい内容といえるだろう。

ちなみに、規定時間どおりに収まると「ACE」と書かれたステッカーがもらえる。何度も参戦しているクルマにはACEステッカーが誇らしげに貼ってあるのだが、この調子でいくと、国沢号のACE獲得も近い!?

初日からトラブルに悩まされてきた国沢号だが、4日目は見事、ノートラブルで走りきることができた。懸案だったエンジンも、前日に混合燃料のオイルを少し濃い目にして、詰まりの原因となる物資をオイルと一緒に燃やすという作戦で走ったことが奏効し、絶好調。国沢さんは「壊れる前が一番調子いいっていうから、まだ安心できないよ」とまだ不安な様子だが、スーパーメカニック・喜多見さんは「これは本当に調子良くなった気がするんだよな~」と期待。完走に向けて希望が見えてきた!

さて、本日のゴールとなったフランクリンでは、過去最高とのいえる歓待を受けた国沢号。子ども連れの来場者が多く、スバル360にもたくさんのキッズたちに座ってもらう。子どもも親御さんも大喜びである。

コ・ドラの小島さんは、友達が書いてくれたというスバル360のイラスト入りステッカーをプレゼント。配るために、わざわざ作ってきたのだという(マメですね)。また日本に駐在していた元米軍の方など、僅かだが日本語を話せる人も他の地域より多い印象だった。

さて9日間に及ぶグレートレースも、明日でいよいよ半分を超える。ルート図を見る限り、距離が長そうだが……。明日もスバル360の奮闘に期待!!

  • webcartop01
  • webcartop03
  • webcartop05
  • webcartop06
  • webcartop08
  • webcartop09
  • webcartop10
  • webcartop11
  • webcartop12
  • webcartop15
  • webcartop07
  • webcartop14
  • webcartop13
  • webcartop16
  • webcartop17
  • webcartop18
  • webcartop19
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ