スタイリッシュさ極まる! 第4のレンジローバー「ヴェラ-ル」日本上陸

業界 WEB CARTOP

ランドローバー史上最小のCd値を達成

イギリス・ランドローバーの「レンジローバー」シリーズラインアップにおいて、高級コンパクトSUV「イヴォーク」と、高級ラージサイズSUV「スポーツ」の間に位置する第4のモデル「ヴェラール」が日本上陸、受注が開始された。

ほかのクルマにはないヴェラールならではの特徴、つまり魅力は、「Reductionism(還元主義)」というコンセプトに基づき、ムダを徹底的に排除した内外装デザインに他ならない。

エクステリアは、なめらかな面と曲線で構成する現代のブリティッシュ・デザインに則りながら、ランドローバー初となる「デプロイアブル・ドアハンドル」を採用。施錠時および8km/h以上での走行時はドアハンドルをドアパネル内部に電動格納することで、凹凸のないスッキリしたサイドビューと、ランドローバー史上もっとも低い空気抵抗係数0.32を実現した。

また、「インテリジェント・ハイビーム・アシスト」と「アダプティブ・フロント・ライティング・システム」を備えた「マトリックス・レーザーLEDヘッドランプ」を設定するなど、最先端の技術と細部にまでこだわったクラフトマンシップが外観からもうかがえるものとなっている。

インテリアでもシンプルな機能美が表現されている。2つの高解像度10.2インチタッチスクリーンによるインフォテインメントシステム「タッチ・プロ・デュオ」を全車標準装備。ナビゲーションを表示しながら、エアコンやエンターテインメント機能をタッチスクリーンおよびロータリー・コントローラーで操作可能とした。

なお、イグニッションオフの状態では、2つのタッチスクリーンに加え、フルデジタルメーターやヘッドアップディスプレイ(HUD)の表示も完全に消えることで、エクステリアと同様にスッキリとしたシンプルな室内空間が演出される。 また、従来からの本革に加え、モダンで耐久性に優れたKvadrat(クヴァドラ)社のプレミアムテキスタイルを自動車業界で初めて設定。

パンチング加工やカット・ダイヤモンド・シグネチャーなども採用し、デザイン性の高いインテリアとした。 デザインコンシャスなヴェラールにおいても、ランドローバーのモデルらしく実用性と悪路走破性は極めて高い水準を確保している。

後席を40:20:40分割可倒式としたヴェラールでは、通常時では673リッターの荷室容量を、後席格納時に最大1731リッターまで拡張できるため、長い荷物の積載も可能。そのほか、車やキーに触れることなく車外からテールゲートの開閉操作が可能な「ハンズフリー・パワー・テールゲート」や、ウェアラブル技術を活用したウォータープルーフ仕様・耐衝撃のリストバンド型「アクティビティキー」も用意されている。

さらに、電子制御エアサスペンション搭載車では、速度や路面状況などに合わせて自動的に車高を調整。目的地に到着してエンジンを切るかシートベルトを外すと車高を10mm、ドアを開くとさらに30mm下げる「オートマチック・アクセスハイト」に加え、リヤのみ上下50mmの範囲で高さを調整する機能も備えることで、大きな荷物の出し入れを容易にした。そして、105km/h超での走行時は車高を標準車高から10mm下げて空気抵抗を低減し燃費を向上、50km/hまでのオフロード走行時は車高を46mm上げて最大地上高251mmを確保する。

エンジンはガソリンとディーゼルを含め4種類を用意

「インテリジェント・ドライブライン・ダイナミクス(IDD)」を搭載したAWDシステムでは、通常は前後トルクを50:50で配分し、路面状況に応じてリヤ100%からフロント100%のまで配分。6つのモードからエンジン、ギヤボックス、ディファレンシャル、サスペンションなどの設定を選べる「テレイン・レスポンス」を標準装備し、走行状況をモニターしながら自動的にモード設定を変更する「テレイン・レスポンス2オート」も選択可能とした。

そのほか、後輪の滑りを抑えてトラクションを最大限に引き出す「アクティブ・リア・ロッキング・ディファレンシャル」、滑りやすい路面や下り坂でもステアリング操作のみで一定速度で低速走行できる「オール・テレイン・プログレス・コントロール・システム(ATPC)」、急勾配の下り坂で一定速度を維持し安定した操作性を確保する「ヒル・ディセント・コントロール」、ドアミラー内蔵センサーで水深を検知しディスプレイに表示する「ウェイド・センシング」を用意。

ボディの80%以上にアルミ合金を使用した軽量モノコック車体構造と、アプローチアングル28.89度、デパーチャーアングル29.50度、最大渡河水深650mm(エアサスペンション搭載車)のパッケージングも相まって、オン・オフ問わず高い運動性能を兼ね備えている。

予防安全装備としては、レーンデパーチャーワーニング(車線逸脱警告機能)、自動緊急ブレーキ、360度ビュー&パーキングガイド機能付きサラウンドカメラ・システムを全車標準装備し、ブラインド・スポット・アシスト、レーンキープ・アシスト、ACC、パークアシストなどを設定。

スマートフォンのアプリを介して、車両から離れた場所でドアのロックや解除、エアコンの操作、走行履歴や車両状態を確認したり、緊急時にはスマートロードサイドアシスタンスやSOS緊急コールもできる「リモート」、同時に8台まで接続が可能なWi-Fiホットスポットとなる「コネクトプロパック」、スマートフォンの車両用アプリを操作できる「スマートフォンパック」、万が一車両が盗難にあった際に車両位置を捜査機関に通知できる「セキュアトラッカー」など、コネクティビティ機能も充実している。

パワートレインは、ランドローバー初搭載となる2リッター直4直噴ターボ「インジニウム」ガソリンエンジンが250馬力/365N・mと300馬力/400N・mという出力違いの2種類、180馬力/430N・mを発する2リッター直4直噴ターボ「インジニウム」ディーゼルエンジン、380馬力/450N・mを発する3リッターV6直噴スーパーチャージドガソリンエンジンの計4種類を設定し、全車にZF製8速ATを組み合わせる。

ボディタイプは標準仕様と、フロントバンパーとボンネットの両サイドにスリット入りの開口部を備えたエアロ仕様「R-ダイナミック」の2種類。両者に「ヴェラール」、「S」、「SE」、「HSE」からなる4種類のトリムレベルを設定し、それぞれに4種類のパワートレインを選択可能とすることで、計32種類のグレードをカタログモデルとして展開する。

さらに、2018年モデル通年の期間限定車として「ファーストエディション」を設定。コチラは、3リッターV6ガソリンエンジンを搭載し、22インチスタイル9007アロイホイール、FIRST EDITIONバッジ、HUD、マトリックス・レーザーLEDヘッドランプ、ATPC、テレイン・レスポンス2オート、アクティビティキーなどを標準装備したほか、SVO(スペシャル・ビークル・オペレーションズ)でサテンペイントフィニッシュを施す3色の特別なエクステリアカラー(フラックスシルバー、コリスグレー、シリコンシルバー)を用意した最上級グレードとなっている。

価格は699~1526万円。全幅こそ2032mmとワイドなものの、全長は4803mm、全高は1665mmと、日本の道路および市場環境にマッチしたサイズを持ち、かつてない32+1ものグレードを引っさげて上陸したヴェラール。ドイツ御三家に加えてポルシェ、ボルボ、レクサスなどの強豪ひしめく日本の高級ミドルラージSUV市場を、果たして攻略することができるか?

  • WEB CARTOP
  • WEB CARTOP
  • WEB CARTOP
  • WEB CARTOP
  • WEB CARTOP
  • WEB CARTOP
  • WEB CARTOP
  • WEB CARTOP
  • WEB CARTOP
  • WEB CARTOP
  • WEB CARTOP
  • WEB CARTOP
  • WEB CARTOP
  • WEB CARTOP
  • WEB CARTOP
  • WEB CARTOP
  • WEB CARTOP
  • WEB CARTOP
  • WEB CARTOP
  • WEB CARTOP
  • WEB CARTOP
  • WEB CARTOP
  • WEB CARTOP
  • WEB CARTOP
  • WEB CARTOP
  • WEB CARTOP
  • WEB CARTOP
  • WEB CARTOP
  • WEB CARTOP
  • WEB CARTOP
  • WEB CARTOP
  • WEB CARTOP
  • WEB CARTOP
  • WEB CARTOP
  • WEB CARTOP
  • WEB CARTOP
  • WEB CARTOP
  • WEB CARTOP
  • WEB CARTOP
  • WEB CARTOP
  • WEB CARTOP
  • WEB CARTOP
  • WEB CARTOP
  • WEB CARTOP
  • WEB CARTOP
  • WEB CARTOP
  • WEB CARTOP
  • WEB CARTOP
  • WEB CARTOP
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ