適当な調整は危険! クルマのバックミラーの正しい調整方法とは

コラム WEB CARTOP

まずは正しいドライビングポジションを決める

 運転の上手い人は、自分の周囲の状況を常に把握しているもの。道路を走っているのは自分一人ではないはずなので、つねに自分のポジションに気を配るのも、安全運転のためには欠かせない。そう言う意味で、バックミラーを最大限活用するのは基本中の基本。

 しかし街中のクルマを見ると、ルームミラーがひん曲がっていたり、ひどいのになると、ドアミラーを畳んだまま走行していたり……。これらのクルマは、バックミラーなど見ていないと宣言しているようなものだから、できるだけ近寄らないほうがいいだろう。というわけで、安全運転の基本。バックミラーの正しいセット方法をおさらいしておこう。

 まず大事なことは、正しいドライビングポジションで座ること。シートに奥深く腰かけて、首が垂直になるようにシートバックを立て気味にし、手足が自由に、しなやかに動かせるよう肘や膝が軽く曲がるゆとりのあるポジションに調整する。

 正しいドライビングポジションをとったら、まずルームミラーを調整。乗用車なら、リヤガラスの上端と下端がちょうどミラーに収まるように上下方向を調整。左右方向も、ルームミラーのセンターに、リヤガラスの中心が映るように調整すればバッチリ。

 家族でクルマを共有している人などは、面倒でも、クルマに乗ったらまずミラーの位置を確認することを習慣にしておこう。

電動なら一般道と高速でドアミラーの角度を少し変えるといい

 次にドアミラーの調整。ドアミラーは、ルームミラーでは確認できないサイドの後方視界をできるだけ広くフォローし、死角が少しでも減るように調整したい。だからといって、自分のクルマのボディがまったく映らなくなるほど、外向きにセットするのもNGだ。自分のクルマのボディが見えなければ、自車と他車の位置関係の基準が曖昧になってしまうからだ。

 というわけで、ドアミラーは左右ともに、ミラーの面積の1/4ぐらいは、自分のクルマのボディが映るように調整する。天地方向は、長い直線で地面が1/2ぐらいになるのが基準。市街地などで、狭いところに駐車したり、巻き込み防止を考えると、助手席だけ少し下向き(地面が2/3ぐらい映る)にしておくのもメリットがある。

 反対に高速道路では、地面の映る割合を1/3程度にして、より後方まで視野に入るように調整するといいし、バックするときだけミラーをかなり下向きにする(リバース連動下向きドアミラー機能があるクルマもある)のもひとつの手だ。

 いずれにせよ、バックミラーは一度セットすれば万能というわけではなく、乗る人や走るシチュエーション、目的によって、細かい調整が欠かせないツールだ。教習所で教わったとおり、運転席に座り、シートベルトを締めたら、ミラーも必ずチェック&調整し直すことを忘れずに。

 そして走行中も、頻繁にミラーで後方をチェックすること。緊急車両が近くにいるかもしれないし、アブナイ人が運転しているクルマが猛烈な勢いで接近中かもしれないし、運転者がウトウトしているトラックや、わき見運転のカップルが車間距離を保持していなかったり、自分が原因で後続車が渋滞気味ということも……。

 とにかく運転中は小まめにミラーをチェックして、周囲の状況を正しく把握しておこう。

  • WEB CARTOP
  • WEB CARTOP
  • WEB CARTOP
  • WEB CARTOP
  • WEB CARTOP
  • WEB CARTOP
  • WEB CARTOP
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ