TRGからトヨタ・アルファードベースの新たなコンセプトの霊柩車が2台登場

業界 WEB CARTOP

ラッピングを使用してコストを削減

 国内初のコーチビルダーとして1965年に創業を開始しているTRG(ティ・アール・ジィ/旧:ガレージタルガ/福岡県大野城市)が、2台のミニバンベースの霊柩車を「エンディング産業展2017(2017年8月23日~25日/東京ビッグサイト)」に出展した。

 葬儀市場は、現在、小型化・低額化が進んでいて、これまで比較されることの少なかった葬儀関連の情報も多く飛び交い比較検討出来るようになってきている。その流れはもちろん霊柩車にも波及してきている。

 とくに近年存在が厳しくなってきた宮型霊柩車に対して、洋型霊柩車が主流となっている。その洋型霊柩車といえば、革張りのルーフに、幌馬車で遺体を運んでいた名残で、ボディサイドに幌開閉のための「ランドボー」をイメージしたS字型の金具をつけている、というのが定番だが、このTRGの2台はそれを打ち破る新しい提案を行なった。

 それがラッピングである。ボディルーフ部およびリアクオーターパネル部に通常貼られている革に代わりにラッピングフィルムを導入。それに合わせ、ランドボーも廃止となっている。ラッピングフィルムに置き換えるのは業界で初めてのこととなる。ラッピングフィルムは、メンテナンス性もよく、また交換なども非常にリーズナブルに行なうことが可能という。

 今回出展となった近未来型霊柩車「ディアナ」、そして「ロータスII」。いずれもトヨタ・アルファードをベースとし、車体はストレッチ加工することなく使用するため、車体に負荷の少ない耐久性を損なわないモデルとしている。

 ロータスIIは霊柩車でありながら搬送車としても使えるように什器用収納ボックスを標準搭載し、作業性も重視したモデルとなっている。3名乗車が可能。

 一方、ディアナは、演出を考えたセレモニー専用車(霊柩車)の2名乗車タイプ。棺室中央に棺台レールを配置し、内装には、水と風、そして光の造形、そしてLED照明による演出を実現している。

  • TRC_DIANA
  • TRC_DIANA2
  • TRC_LOTUSII
  • TRC_LOTUSII2
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ