【新型トヨタ・ハリアー購入ガイド】なんとタイプは25種類もあるけどどう選ぶ?

コラム WEB CARTOP

パワートレインは3種類を展開

 新型ハリアーはターボ車、ハイブリッド車、ガソリン車それぞれに5グレードを設定。ターボ車とガソリン車にはさらにFFと4WDが用意され、合計25タイプという実に多彩なバリーエションをもつ。ここでは購入時の費用とともに、グレードによる装備・仕様の違いを見比べてみよう

Check.01:グレードによるスタイルの違い

・プログレス(税込車両価格:¥3,780,000〜¥4,604,040) ・プログレス“メタル・アンド・レザーパッケージ”(税込車両価格:¥4,129,920〜¥4,953,960)

新型ハリアーの先進性や高級感を満喫できるトップグレード

 先進性や利便性、快適性を追求した新型ハリアーの魅力的な各種装備を、惜しみなく投入したトップグレード。9.2インチディスプレイやJBLプレムアムサウンドシステムを組み合わせるT-コネクトSDナビゲーションシステムや、パノラミックビューモニターを標準搭載する。

 主な標準装備&仕様

●LEDハイビーム&LEDロービームヘッドランプ●サイドターンランプ付き電動格納リモコンカラードドアミラー(エンブレムマーク付き足元照明)●パワーバックドア●パノラミックビューモニター●インテリジェントクリアランスソナー●スーパーUV&IRカット&撥水機能付きフロントドアグリーンガラス●ウルトラスエード+合成皮革シート表皮(ターボ車)●ファブリック+合成皮革シート表皮(ハイブリッド/ガソリン車)●ナノイー●T-コネクトSDナビゲーションシステム+JBLプレミアムサウンドシステム●235/55R18タイヤ+アルミホイール※“メタル・アンド・レザーパッケージのシート表皮はパワートレインを問わずプレミアムナッパ本革

・プレミアム(税込車両価格:¥3,249,720〜¥4,074,840) ・プレミアム“メタル・アンド・レザーパッケージ”(税込車両価格:¥3,599,640〜¥4,424,760)

シーケンシャルターンランプを装備

 中間グレードに位置するプレミアムは、ヘッドライトがハイ/ロービームともにLEDとなるほか、シーケンシャルターンランプを搭載。パワーバックドアは自動防眩インナーミラーといった利便性の高い装備も標準となる。

 主な標準装備&仕様

●LEDハイビーム&LEDロービームヘッドランプ●雨滴感応式ウォッシャー連動間欠フロントワイパー●サイドターンランプ付き電動格納リモコンカラードドアミラー●パワーバックドア●スーパーUV&IRカット&撥水機能付きフロントドアグリーンガラス●自動防眩インナーミラー●ウルトラスエード+合成皮革シート表皮(ターボ車)●ファブリック+合成皮革シート表皮(ハイブリッド/ガソリン車)●ナノイー●オーディオレス(6スピーカー)●235/55R18タイヤ+アルミホイール※“メタル・アンド・レザーパッケージのシート表皮はパワートレインを問わずプレミアムナッパ本革

・エレガンス(税込車両価格:¥2,949,480〜¥3,774,600)

ベーシック版ながら装備は充実

 乗り出し価格で300万円台前半からと、もっとも手の届きやすいグレードがエレガンスだ。ベーシック版だが装備は十分な水準にある。タイヤサイズは17インチがスタンダードで、ターボ車のみ18インチが装着される。

 主な標準装備&仕様

●ハロゲンハイビーム(ターボ車はLED)&LEDロービームヘッドランプ●時間調整式ウォッシャー連動間欠フロントワイパー●サイドターンランプ付き電動格納リモコンカラードドアミラー●UV&IRカット&撥水機能付きフロントドアグリーンガラス●防眩インナーミラー●左右独立温度コントロールフルオートエアコン(ハイブリッド車は前席集中モード付き)●ウルトラスエード+合成皮革シート表皮(ターボ車)●ファブリック+合成皮革シート表皮(ハイブリッド/ガソリン車)●オーディオレス(6スピーカー)●225/65R17タイヤ(ターボ車のみ235/55R18)+アルミホイール

・“メタル・アンド・レザーパッケージ”

プレミアムナッパ本革シートなどを装備

 プログレスとプレミアムには、インテリアの上質感をさらに高める“メタル・アンド・レザーパッケージ”を設定。プレミアムナッパ本革シートのほか、加飾パネルが専用に。快適機能も高められている。

 プレミアムナッパ本革シート表皮

 ピアノブラック加飾ドアスイッチベース

 アルミヘアライン加飾シフトパネル

 “メタル・アンド・レザーパッケージ”装備内容

●プレミアムナッパ本革シート表皮●快適温熱シート+シートベンチレーション(運転席/助手席)●運転席8ウェイ+助手席4ウェイパワーシート●運転席4ウェイランバーサポート●マイコンプリセットドライビングポジションシステム(ステアリング/シート)●運転席オートスライドアウェイ●ピアノブラック加飾ドアスイッチベース●アルミヘアライン加飾シフトパネル&フロントコンソール

Check.02:燃費とエコカー減税率「ハイブリッド車とガソリン車が減税対象」

 3種類のパワートレインのうち、エコカー減税の対象となるのはハイブリッド車とガソリン車。減税率はハイブリッド車が取得税/重量税ともに100%で、ガソリン車は20%/25%である。燃費データは表のとおりで、ターボ車でも13.0km/ℓ(FF車)をマークしている。

Check.03:ボディカラーを選ぶ「ボディカラーは全6色を用意」

 ボディカラーは、新色のダークレッドマイカメタリックとダークブルーマイカメタリックを含む、全6色を用意。すべてのグレードで選択できる。なお、ホワイトパールクリスタルシャインとスパークリングブラックパールクリスタルシャインは、3万2400円高の有償カラーとなっている。

・ダークレッドマイカメタリック ・ダークブルーマイカメタリック ・ホワイトパールクリスタルシャイン ・ブラック ・スパークリングブラックパールクリスタルシャイン ・シルバーメタリック

Check.04:内装を確認する「内装色は全4タイプ」

 内装色は、ハイブリッド車とガソリン車はブラックのほか、ブラック×ディープボルドーの2トーンと、ダークサドルタンも選択可能で、すべてのボディカラーに組み合わせられる。ターボ車はブラックが基調色で、各部にレッドステッチが施され、スポーティな雰囲気を高めている。

・ブラック×レッド(ターボ車標準設定) ・ブラック(ハイブリッド/ガソリン車標準設定) ・ブラック×ディープボルドー(ハイブリッド/ガソリン車選択可能) ・ダークサドルタン(ハイブリッド/ガソリン車選択可能)

  • 02_premium
  • 03_elegance
  • 04
  • 05
  • 06
  • エコカー減税
  • ハリアーオプション価格
  • ボディカラー
  • 内装色
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ
サイトマップ