全日本とアジパシラリーの併催で熱く燃えたラリー北海道の激闘をリポート

モータースポーツ WEB CARTOP

APRCはシュコダ ファビアRSを駆るギルが大会2連覇!

 APRC(アジアパシフィックラリー選手権)の第5戦およびJRC(全日本ラリー選手権)の第7戦「ラリー北海道」が9月15日~17日、北海道帯広市を舞台に開催。同イベントは世界屈指の高速グラベルラリーとして知られ、16回目の開催を数える2017年の大会も序盤から激しいバトルが展開されていた。 なかでも、例年以上にスリリングなポジション争いが展開されたのが、23台で争われたAPRCにほかならない。今大会にはMRFタイヤのワークスチーム、「チームMRF」が2台のシュコダ・ファビアR5を投入するほか、ラリーアート・スウェーデンを母体とする三菱のカスタマーチーム、Mパートスポーツが3台の最新ラリーモデル、三菱ミラージュを投入。

 さらに日本の名門、キャロッセのワークスチーム、クスコレーシングがシュコダ・ファビアR5および4WDのターボ仕様車にアレンジしたトヨタ・ヴィッツを投入するなど、国内外から強豪が集結した。

 そのなかで、幸先の良いスタートを切ったのが、MRFでシュコダ・ファビアを駆るオーレ・ヴェイビーだった。15日の夜に行われたSS1でベストタイムをマーク。しかし、翌16日から山岳エリアで本格的な競技が始まると、脱落者が続出するサバイバルラリーが展開されることとなった。

 まず、4WDのヴィッツを武器に総合5番手につけていたクスコレーシングのマイケル・ヤングがマシントラブルに祟られてSS3でリタイヤするほか、オープニングステージを制したウェイビーもSS3でコースアウトを喫し、そのままリタイヤ。さらに三菱ミラージュを武器にSS2で2番手タイムをマークしていたMパートスポーツのヤリ・ケトマーもSS3のジャンプの着地で冷却システムを破損したことで戦線を離脱する。

 さらにチームメイトとしてミラージュを駆るサンジェイ・タクルも2本のタイヤをパンクし、スペアタイヤを使い果たしたことでその後の走行を断念するなど波乱の展開となるなか、ファビアを武器にコンスタントに好タイムを連発したMRFのギルがデイ1を制覇。クスコレーシングでファビアを駆る炭山裕矢が2番手に続き、三菱ミラージュを駆るMパートスポーツのロバート・ブロムバーグが3番手でデイ1をフィニッシュした。

 翌17日のレグ2でもクスコレーシングの炭山がSS12でエンジントラブルに祟られてリタイヤするなど予想外のハプニングが発生するなか、首位のギルがポジションをキープ。結局、「素晴らしい週末だった。素晴らしいマシンを用意してくれたチームに感謝したい」と語るように、ギルが大会2連覇を達成した。

 2位入賞を果たしたのはMパートスポーツのブロムバーグで、日本初上陸のミラージュで表彰台を獲得。3位はスバルWRXを駆る今井聡で、日本人ドライバーの最上位として表彰台の一角を獲得した。

全日本ラリーはスバルWRX STi同士の闘いの末に表彰台独占!

 一方、同時開催のJRC第7戦においても、三菱ランサーを武器にオープニングステージで2番手につけていた奴田原文雄がSS2でまさかのコースアウトを喫し、その日の走行を断念。さらにスバルWRX STiを武器に前戦の洞爺湖で今季初優勝を飾った鎌田卓麻は、地元である北海道で開催されるラリー北海道でも連覇を予感させるほど自身をみなぎらせていた。

 というのも、前戦から投入したDUNLOPタイヤの195/65タイヤとの相性が抜群にいいらしく「ずっと開発をお手伝いしていたので、僕の運転スタイルに合っているんだと思います」と語っていた。その言葉どおりにSS1、SS2で連続ベストをマークしていた鎌田だったが、ジャンプの着地時にホイールごと破損してSS3でパンクに祟られて、8番手まで後退するなど波乱含みの展開で幕を開けた。

 そのなかで抜群のスピードを披露したのが、スバルWRX STiを駆る新井敏弘だった。計4本のSSでベストタイムをマークし、デイ1をトップでフィニッシュする。2番手は同じくスバルWRX STiを駆り現在JRCでランキングトップを堅持している勝田範彦が続いた。

 勝田はシリーズランキング2位に付けているライバルの怒田原がSS2で早々にコースアウトを喫したために速さを極めるドライビングではなく、着実にポイントを稼ぐクレバーな走りを見せていた。パンクで遅れをとった鎌田だったが、それでも4本のSSウインを獲得するなど猛追を披露し、鎌田は3番手まで順位を上げてデイ1を走り終えた。

 結局、デイ2でも新井と鎌田は6本のSSでトップタイムを3本ずつ分け合うなど壮絶な闘いを繰り広げるも、デイ1でのパンクで遅れた致命傷を鎌田は取り戻すことが出来ず3位となった。ポイント争いでランキング首位に立っている勝田も攻める走りから守る走りで2位につけ、シリーズの闘いを有利に進めた格好となった。

 そして優勝は、国内最高峰のJN6クラスで今季2勝目を飾った新井敏弘が飾ることになった。スバルユーザーが、1-2-3位の表彰台を独占する形だ。それでも優勝した新井は、鎌田の速さとDUNLOPが投入した195/65のナロータイヤを相当に警戒しており、自身が履くヨコハマタイヤのサービス隊に開発を急ぐように忠言していたのが印象的だった。

  • WEB CARTOP
  • WEB CARTOP
  • WEB CARTOP
  • WEB CARTOP
  • WEB CARTOP
  • WEB CARTOP
  • WEB CARTOP
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ