ネットオークションや個人売買で中古車を買う場合「書類」に注意!

コラム WEB CARTOP

代金を払っていても自分のモノになっていないことも

 自動車は、土地や建物のように所有者を関係各所に登録しなければならない数少ないもののひとつ。どんなに高いアクセサリーでも所有権の登録は不要だが、タダで譲りうけたポンコツですら所有権の登録をしなければならないのである。

 そんな自動車にまつわる「書類」は多岐にわたる。そのクルマの戸籍謄本とも言える自動車検査証(車検証)や一時抹消登録証明書は当然だが、登録に必要な印鑑証明書や委任状、譲渡証明書なども書類の範疇に入るものだ。当然、自分の名義に変更するためにはこういった「書類」が一つ欠けても不可能となってしまう。

 一般的な中古車販売店で中古車を購入する際は、相手方(旧所有者)の書類は基本的に中古車販売店が所有(もしくは手配可能な状態に)していることが大前提となるため、それほど気にすることもないのだが、気を付けなければいけないのが個人売買やネットオークションなどで購入した場合だ。

 書類が揃っていない場合は自分名義に変更することができないため、いくら車両代金を支払っていたとしても書類上は自分のものにすることができない。つまり、相手方(車検証上の所有者)が所有権を主張した場合、自分が購入したことを証明できなければ相手方のクルマということになってしまうのだ。

 なかには「自動車税さえ払えば継続車検が受けられる」とか「駐車違反やスピード違反をしても所有者に通知が行くので安心」などという文句を並べている場合もあるが、こういった大きなリスクがあることを肝に銘じたほうがいいだろう。

 一方、根本的な書類である自動車検査証や一時抹消登録証明書が紛失してしまっている場合は、再登録することがかなり難しくなる。旧所有者が健在であれば、本人に掛け合うことで書類の再発行をすることも可能だが、名義人が死去している場合などは相続などの問題も絡んでくるため、膨大な労力が必要となってしまう。

 こういった車両を再登録する代行業者もないことはないが、莫大な費用が掛かるほか、確実に登録できる保証もないため、よほど歴史的価値があるものか思い入れがある車両出ない限りはオススメし兼ねる方法と言えるだろう。

 いずれにしても書類が用意されないようなクルマはさまざまな問題を抱えている可能性があるため、購入は見送った方が良いだろう。

  • WEB CARTOP
  • WEB CARTOP
  • WEB CARTOP
  • IMG_20171003_131900
  • WEB CARTOP-1
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ