1リッター5000円なども! エンジンオイルの値段はなぜあんなに幅があるのか

コラム WEB CARTOP

ベースオイルが主に3種類あり添加剤でも価格が大きく変わる

 カー用品店やホームセンターの売り場に行くと、たくさんオイルが並んでいるのだが、ブランドや粘度もさることながら、価格はバラバラだ。安いのは1リットルで1000円ぐらい。逆に高いのは1リッターで5000円超えるものもある。もちろん用途は同じエンジンオイルだ。違いはもちろん性能の違いということになるのだが、どこが違うと安くなったり、高くなったりするのだろうか。

 オイルの成分というのは、大きく分けてベースオイルと添加剤のふたつになる。これらを混ぜて製品としているのだが、まずベースオイルは、鉱物油/半化学合成油/100%化学合成油の順に高くなっていく。精製度や製法によって価格差が発生するのだが、最近では鉱物油の需要が減り(エコオイルのベースに向かないので)、価格は高騰気味ではある。

 そしてベースオイルに混ぜる添加剤だが、これは日進月歩で進化しており、まさに化学技術の粋といったものも多い。自動車メーカー側の要求も高くなる一方だし、レースに使うとなれば使用環境として求められる性能は上がる。いずれにしても、これらに適合させるには高性能な添加剤を使用することが求められることになり、これがかなり高価だったりするのだ。

 筆者は、じつは自分でオイルをブレンドして作ることもあるのだが、素材として添加剤を購入すると、少量だからとはいえ、ビックリするほどの値段だったりする。もちろん性能は価格に見合ったもので、超低摩擦化や耐熱性などに驚異的に優れていたりする。だから、高いベースオイルに、ハイスペックな添加剤をブレンドすれば高くなるのは当然だ。

 ただし、こういった高性能オイルを要求するのは、クリーンディーゼルも含めて一部のクルマといってもいい。実用車に高価で高性能なオイルを入れても、満足度は高くても、オーバースペックなのは確かだ。価格=性能=エンジンの要求値と考えて、自分のクルマに合ったオイルを選ぶのがいいだろう。そのためにさまざまな規格が用意され、パスしているかどうかがオイル選びの目安になる。

  • webcartop_02
  • webcartop_05
  • webcartop_06
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ