三菱ふそうが電気自動車のバス&トラック専門ブランド「E-FUSO」を立ち上げた! 【東京モーターショー2017】

業界 WEB CARTOP

全車種に電動化車両をラインアップする方針

電気商用車のトップランナーを目指す三菱ふそうは、マーク・リストセーヤCEOから、自動車メーカー初の電気トラックとバスに特化した新ブランド「E-FUSO」を立ち上げると発表した。

世界中の都市化に対応し、今後数年以内に、全車種のトラックとバスに排出ガスゼロ、排気音ゼロの電動化モデルを開発する方針を明らかにした。そして、会場では、最大積載量11.11トン、航続距離350kmを誇る、電気大型トラックのコンセプトモデル「Vision ONE」を世界初公開。

プレスブリーフィングでは、マークCEOが、この「Vision ONE」の運転席から登場するという演出もあった。エアロダイナミクスの面でも優れた印象を受ける斬新なスタイリングの大型トラックだが、三菱ふそうでは今後4~5年以内に、こうした電気大型トラックの市販化実現を目指している。

もう一台、自動車メーカーとしては世界初の量産電気トラックとなった「eCanter(イーキャンター)」も日本で初公開。最大積載量は約4トン。一回の充電で、100km以上の航続距離という実用性を達成している。

この「eCanter」は、環境性能に優れているだけでなく、走行1万kmあたり、最大1000ユーロ(約13万円)ほどのコスト削減を可能にする。こうした実績から、電気トラックの商業化のメリットを証明し、すでにセブン-イレブンやヤマト運輸に導入されることが決定とのこと。

当たり前かもしれないが、「eCanter」の後方を覗いてみても、排気管やマフラーは見当たらず、「フル電気(EV)駆動」であることを実感できた。

また、三菱ふそうのフラッグシップモデルで、展示テーマ「Light Up Tomorrow」にふさわしい、大型トラック「スーパーグレート」のトラクタ仕様も展示。新世代ダウンサイジングエンジン=6R20は、排気量10.7リッター、最大出力315kW(428針k)、最大トルク2100N・m(214kgf-m)というスペックを誇る。ボディカラーも何と350色から好きな色を選べるというオプションも画期的! 

トランスミッションは12段変速のシフトパイロット(AMT=機械式自動トランスミッション)という最新モデルは、なかなかの圧巻だ。

さらに、今年5月に登場したばかりの大型観光バス「エアロクィーン」も展示。運転体験ができるVRシステムが備わっていて、豪華なシートの座り心地も確認できる。

このように、商業車ブースにもけっこう見逃せない面白さがあるので、ぜひ会場でチェックしてほしい。

  • web cartop
  • web caertop
  • web cartop
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ