マツダの今後は明るい! 日本車らしからぬ美しさの「VISION COUPE」と「魁 CONCEPT」

業界 WEB CARTOP

「魁 CONCEPT」は2019年ごろ発売の次期アクセラ!

 モーターショー会場のなかでも、ひと際注目を集めて常に人だかりができていたブースといえば、やはりマツダブースだろう。今回もマツダデザインを象徴する2台のコンセプトカーが展示され、多くの来場者が足を止めていた姿が見られた。

 マツダのイメージカラーのひとつ、マシーングレーに塗られた流麗な4ドアクーペフォルムを纏った車両は「VISION COUPE(ビジョン クーペ)」と名付けられている。この車両は、今後発売される車両のコンセプトモデルというよりは、マツダデザインすべてを象徴するコンセプトモデルとして展示されているとのことで、この車両にちりばめられたエッセンスが、今後登場する新たなマツダ車に投影されるのだとか。

 とはいえ、MTをイメージしたシフトノブや、今のマツダにはない4ドアクーペというボディスタイル、そしてレシプロエンジンが乗らなそうな低いノーズと、この辺りも今後登場するマツダ車に関連があると考えるならば、ワクワクが止まらないはずだ。

 そして、もう1台のイメージカラー、ソウルレッドに塗られたスポーティハッチバックの「魁 CONCEPT(カイ コンセプト)」。こちらはVISION COUPEに比べるともう少し現実的なコンセプトモデルということで、VISION COUPEにも用いられたマツダデザインを踏襲しつつ、もう少しリアルな解釈をしているといったところか。

 こちらの車両には、マツダ渾身の新開発エンジン「SKYACTIV-X」が搭載されるとされ、2019年頃の発売を目指しているという。つまり、名言こそされなかったが、次期アクセラのコンセプトモデルと言っていいだろう。

 これらのコンセプトモデルのデザインがどれだけ実車に落とし込まれるかは不明だが、日本のメーカーからこのような美しいデザインが生まれることは誇りたくなる。事実、プレスデーでも多くの外国メディアが取材の列を作っていたほど。街の景観を、という話をするのであれば、こういった美しいデザインの車両を多くリリースするのが自動車メーカーのもう一つの役目なのかもしれない。

  • web cartop
  • web cartop
  • web cartop
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ