走り系ミニバンに日産セレナNISMOが参戦! コンピュータやマフラーにも手が加わる

業界 WEB CARTOP

ライバルはステップWGNモデューロXやGRスポーツ ノアヴォク

 今年の4月にニスモカーズ事業部が新設されニスモロードカーの拡充が発表されていたが、先日終了した東京モーターショーでついに待望のセレナNISMOがお披露目された。それまでもニスモからは「NISMOパフォーマンスパッケージ」としてアフターパーツとしてセレナ用(先代)のアイテムもリリースされていたが、セレナの完成車としてのニスモ仕様はこれが初となる。

 外観は他車のニスモと同様のデザインコンセプトでまとめられたアグレッシブなデザインのエアロパーツが一番の特徴。先代のニスモエアロパーツはアフターパーツで純正バンパーに被せるタイプだったため、ここまでのデザイン変更は叶わなかったが、完成車となったことで大幅なデザイン変更も可能となった形だ。

 また、ホイールも他のニスモ車と同様のデザインのものが採用され、装着されるタイヤはポテンザ アドレナリンRE003とかなりスポーツ志向のものとなっている。もちろん、それに見合った専用のサスペンションが奢られており、実車を見る限りローダウンもされているように見受けられた。

 さらにボディ補強も行われているということで、従来のニスモシリーズから予想するにパフォーマンスロッドの類が追加されているはず。開口部の大きなミニバンだけにボディ補強の効果は高そうだ。また、電動パワーステアリングのチューニングも実施されているというから、ワインディングが待ち遠しくなるミニバンになっているかもしれない。

 内装に目を移すと、これも他のニスモ車と同じくスエード調のシートが目に入る。さすがにバケットシートにはなっていないが、レッドのマーキングがされたステアリングと相まってスポーティな印象が格段にアップしている。さらにセレナNISMOではダッシュボードにもスエード調の表皮が採用されており、スポーティな雰囲気作りだけではなく、ダッシュボードに光が反射して前方が見にくくなる現象も抑える役目も果たしており、より運転に集中できる環境が整ったと言えるだろう。

 さすがにエンジン内部には手が入っていないようだが、専用ECMや専用マフラーを採用し、気持ちの良い加速フィールを実現しているとのこと。この辺りはガチンコのライバルとなるトヨタGRスポーツ ノア/ヴォクシーにはない部分だけに、どのくらいフィーリングが変わっているのかが気になる部分である。

 そんなセレナNISMOは2017年11月発売予定、つまり今月デビューとなる。気になる人は販売店に急いだほうがよさそうだ。

  • web cartop
  • web cartop
  • web cartop
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ
サイトマップ