自己防衛のためにも注意したい! 「アオられやすい」運転とは

コラム WEB CARTOP

煽る側が悪いのだがそうしたクルマをイライラさせないことも大切

 2017年6月の東名高速での追突事故以来、大きな社会問題になっている「煽り運転」。煽り運転というのは、従来、前方のクルマに対して思いっきり車間距離を詰めるなどして、プレッシャーをかける行為のことを指していたが、最近では、クラクションを鳴らす、幅寄せをする、前方に出て、わざと減速したり、スロー走行したり、ブレーキをたびたび踏んだり、信号が赤でもないのに停止したりするなど、嫌がらせ運転全般のことを指すようになった。

 これらはいずれも違法行為であり、煽り運転をする側に問題があるわけだが、現実問題として、そうした行為を行う悪質なドライバーがいる以上、そうした人物に煽られないよう自衛手段を講じる必要がある。どうしたらそうしたリスクが減らせるのかを考えてみよう。煽り運転を誘発させる要素は、主として次の3つが挙げられる。

1)速度がゆっくり、発進がゆっくり

2)車線変更&割り込み

3)クラクション

 誰もが自分のペースでゆったり走りたいのは山々だが、交通量の多い日本の道路では、法定速度内であっても、ゆっくり走ることで他の多くのクルマとペースが違いすぎてイライラされることが少なからずある。住宅地では安全速度で走るのは当然だが、郊外の見通しのいい道路や、高速道路などでは、実勢速度と法定速度に大きな開きがあって、たとえば中央車線や追い越し車線などでは法定速度で走っていても、後ろに長い列ができていることも……。

 こうした状況にならないためには、第一に流れに乗って走ること。周囲のクルマと同じペースで走れれば、煽られる可能性はかなり減らせる。流れが速いと感じるのであれば、バックミラーをこまめにチェックし、後ろからクルマが迫ってきたら、安全なところで、左にウインカーを出し、徐行するか停止して、後続車に道を譲るのが一番!

 また幹線道路や高速道路では、一番左の車線を走ること。そもそも、追い越し車線の連続走行は、通行帯違反であり、道交法でも、「後続車に追いつかれた場合は、できる限り道路の左側端に寄って、進路を譲らなければならない」と義務づけられている。左側車線で、前走車とほどほどの車間距離をキープして、流れに乗って走っていれば、煽られる心配はほとんどないはず。

 もうひとつ、一般道では信号が変わったときなどに、発進がゆっくりだと後続車をイライラさせることにつながる。「ふんわりアクセル」なども、ある意味”エゴ”ドライブなので、交通量が多い道では、安全を確認したうえで、素早く発進し、巡航速度まで速やかに加速するのが望ましい。

 万が一、信号待ちの間にボーっとしていたりして、青信号に変わったことに気付かず、後続車などから、クラクションで発進を促されたら、軽く手でも上げつつすぐに発進するようにしよう。ちょっと手を上げておくだけで、つまらないトラブルは回避できるはずだ。

車線変更は入られた側にブレーキを踏ませないようにする

 ふたつ目の車線変更は、加速しつつ行うというのがポイント。とくに高速道路での車線変更、追越しの際、走行車線を走っていたクルマが、前のクルマに追いつき、そのままの速度で追越し車線に車線変更してくることがある。これをやられると、追越し車線側の後続車は、煽る気がなくても、車線変更してきたクルマにみるみる追いついてしまうことに……。後続車を減速させるような車線変更は、煽り運転を引き起こす原因になりやすいので要注意。

 また、車線変更をするときは、後続車との距離だけを見るのではなく、後続車のスピード(勢い)もチェックすること。とくに高齢者は、距離だけ確認して、後続車も自分と同じ速度で走っていると決めつけてレーンチェンジをし始めることがあるので周囲を走るクルマも注意が必要だ。

 反対に、追越し車線から方向車線に戻るときに、アクセルをゆるめながら車線変更するクルマもあるが、これも走行車線側の後続車が近い場合はブレーキを踏ませることになるので厳禁。

 とにかく、後続車を減速させるような車線変更は、「割り込まれた」という印象を与えるので気をつけよう。車線変更は、まず早めのウインカー。そして加速しながら行うのが基本。バックミラーで後方を確認したとき、速そうなクルマ、実際に速度の高いクルマが迫って来ていたら、そのクルマの前には入らず、一台やり過ごしてから車線チェンジするのが、煽られないための大事なコツだ。

 スーパーなどの駐車場から道路に出るときも同じ。前に入ったクルマがノロノロ走ると、後続車のイライラ度が高くなる。

 最後にクラクション。赤になっても発進しないクルマ、邪魔なところに停車しているクルマなど、クラクションを鳴らしたくなるクルマに遭遇した場合、できるだけ、上品かつ、軽めに「ププッ」と鳴らしてみよう。

 そうはいっても自分の非を棚に上げ、クラクションを鳴らされると逆上するタイプが、少数ながらどこにでもいるから、クラクションはできるだけ使いたくないというのが本音だが……。

 というわけで、善悪はともかく、ノロノロ運転、ゆっくり運転は、煽られる可能性が大きくなる。急いでいるようなクルマを見かけたら、「お先にどうぞ」で譲ってしまうのが一番安全。煽られたと感じたからといって、わざとゆっくり走ったりして、やり返したりするのは愚の骨頂。相手に対し、火に油を注ぐようなものだし、それをやったら自分だって、煽ってきたドライバーと同レベル。

 肝心なのは、危なそうなドライバー、イライラしていそうなドライバーを見分けて、そうしたドライバーのクルマには近寄らないこと。それが一番ストレスが溜まらず、安全につながる。

  • FN1_0434
  • web cartop
  • _D201619
  • web cartop
  • web cartop
  • web cartop
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ