ホンダN-ONEのマイナーチェンジ先行情報! グレードを変更して内外装の質感アップ

業界 WEB CARTOP

4グレードを設定しボディカラーも新色を追加

ホンダは11月9日、12月にマイナーチェンジを予定しているプレミアム軽ワゴン「N-ONE」の先行情報サイトをオープン。「スタンダード」「セレクト」「プレミアム」「RS」の4タイプを設定することを明らかにした!

N-ONEは、1967年に発売されたホンダ初の市販軽乗用車「N360」をモチーフに、ホンダのクルマづくりの原点となる「M・M(マン・マキシマム/メカ・ミニマム)思想」を受け継ぎ、「これからの日本に新しい乗り物を提案したい」そして「長く愛されるクルマを提案したい」という想いを込め、新しいベーシックカーの創造を目指し、2012年11月に発売された。

デビュー以来2回目となる今回のマイナーチェンジでは、いつまでも愛着の持てるシンプルスタイル「スタンダード」、こだわりを感じさせるブラウンスタイル「スタイル」、上質を磨いた洗練のプレミアムスタイル「プレミアム」、大人の遊び心をくすぐるスポーティースタイル「RS」の4タイプを設定し、個性をさらに強化する。 また、軽乗用車では初となる遮音機能付ガラスを採用し、静粛性を向上。

そのほかエクステリアカラーに新色を追加して、購入時の選ぶ楽しさを広げる予定となっている。 ティザーサイトに公開された写真からは、外観こそフロントグリルにメッキモールが追加されるなど変更点は多くないが、従来より高かった室内の質感はさらにアップ。

「スタンダード」はブルーのアクセントが入ったライトブラウンのドット柄シート、「セレクト」はサイド部にプライムスムース(合成皮革)を採用したと思われるブラウンのシートに豊かな木目が彩られたデコレーションパネル、「プレミアム」は白のアクセントが入った黒基調のシートに石目調のデコレーションパネル、「RS」は赤のアクセントが入ったシートやステアリング、メーターリングが採用されているのがうかがえる。

なお、現在「スタンダード」と「プレミアム」に設定されている、専用のルーフ・スポイラーとローダウンサスペンションにより全高を65mm下げ、1545mmとすることで多くの立体駐車場に対応した「ローダウン」は、新たなスポーティモデル「RS」に集約される可能性がある。

【詳しくはこちら】

ホンダN-ONE先行情報サイト

http://www.honda.co.jp/N-ONE/new/

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ