50周年を迎えたトヨタ・ハイエースが安全面を強化して登場!

業界 WEB CARTOP

衝突回避・被害軽減ブレーキを含むセーフティ センスPを標準化

トヨタは世界的に人気のハイエースに一部改良を行い12月1日より発売する。今回の一部改良は衝突回避支援パッケージの「トヨタ セーフティ センスP」を標準装備し、安全面の強化を行った。またハイエースの誕生から50周年ということもあり歴代ハイエースが展示された。写真は開発責任者の野村淳さん。

2004年に登場した5代目ハイエースは都市部の排ガス規制を強化し、4代目よりも基本性能の向上とデザインもシンプルになった新基準ビジネスパッケージとして多く人から支持されている。商用車として安全面を強化したハイエースは3つの柱をポイントに改良した。

フロントガラス上部に装着された単眼カメラとフロントグリルにミリ波レーダーを採用した「トヨタ セーフティ センスP」は、歩行者検知機能付衝突回避支援プリクラッシュセーフティ、レーンディパーチャアラート、オートマチックハイビームの3つの安全機能をもつシステム。これを標準装備した。

エンジンはディーゼルモデルのみとなり、2.8リッター直列4気筒をシート座面下に搭載。6速ATと組み合わせ従来モデルよりも1.0~1.6km/Lの燃費向上を実現した。また坂道発進時などでクルマが下がらないようにヒルスタートアシストを装備。さらにセキュリティアラート、VSCも全車標準装備された。

このように、上記の先進安全・パワートレイン・安心を強化した。

ボディカラーは新規設定のベージュメタリック、ラグジュアリーパールトーニング(オプション設定)を採用。さらに内装色をダークカラーで統一した特別仕様車スーパーGL“ダークプレミア”を設定した。

また、モデリスタからはコンプリートカーを展示。「ネオレトロファンボックス」をデザインコンセプトに幅広いユースに楽しさを提供する。主な架装はホワイトパーツでレトロ感を強調するフロント/リヤバンパー、ボンネットからピラーにかけてブラックアウトのデカールを採用。さらにリボンタイヤをイメージし、アルミホイールのリムをホワイト化。メッキキャップと組み合わせたことでヴィンテージ感を演出している。

ボディカラーはライトイエロー、グレーメタリック、メタリッシュブルーマイカメタリックと3色から選ぶことが出来る。内装もツートーンカラーのシートを採用しオシャレに仕上がった。

なお、ウェルキャブとメーカー完成特装車(両車種はセーフティセンスPが装備されない)も今回の改良を施している。

価格はハイエース/レジアスエースが286万2000から370万4400円となっている。

  • トヨタ・ハイエース
  • トヨタ・ハイエース
  • トヨタ・ハイエース
  • トヨタ・ハイエース
  • トヨタ・ハイエース
  • トヨタ・ハイエース
  • トヨタ・ハイエース
  • トヨタ・ハイエース
  • トヨタ・ハイエース
  • トヨタ・ハイエース
  • トヨタ・ハイエース
  • トヨタ・ハイエース
  • トヨタ・ハイエース
  • トヨタ・ハイエース
  • トヨタ・ハイエース
  • トヨタ・ハイエース
  • トヨタ・ハイエース
  • トヨタ・ハイエース
  • トヨタ・ハイエース
  • トヨタ・ハイエース
  • トヨタ・ハイエース
  • トヨタ・ハイエース
  • トヨタ・ハイエース
  • トヨタ・ハイエース
  • トヨタ・ハイエース
  • トヨタ・ハイエース
  • トヨタ・ハイエース
  • トヨタ・ハイエース
  • トヨタ・ハイエース
  • トヨタ・ハイエース
  • トヨタ・ハイエース
  • トヨタ・ハイエース
  • トヨタ・ハイエース
  • トヨタ・ハイエース
  • トヨタ・ハイエース
  • トヨタ・ハイエース
  • トヨタ・ハイエース
  • トヨタ・ハイエース
  • トヨタ・ハイエース
  • トヨタ・ハイエース
  • トヨタ・ハイエース
  • トヨタ・ハイエース
  • トヨタ・ハイエース
  • トヨタ・ハイエース
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ