時代はミニバンより3列SUV!? レクサスもRXに3列シート仕様を追加

業界 WEB CARTOP

日本には7人乗り仕様のハイブリッドを導入予定

 レクサスは、米国・ロサンゼルスで11月27日(月)から12月10日(日)まで開催されている2017ロサンゼルスモーターショーにて、人気SUVであるRXの3列シート仕様となる、「RX350L」を発表した。

 RXは1998年の投入以降、SUVらしい力強さと大人の色気を併せ持つレクサスブランドの中核モデルを担い、ラグジュアリーSUV市場のパイオニアとしてSUV界をけん引してきた。

 今回発表したRXは、エレガントな中にもダイナミックさを持つ従来のイメージに加え、全幅およびホイールベースはそのままに全長を4890mmから5000mmに拡大した。またサードシートは電動格納式となり、手軽にシートアレンジすることができる。

 ちなみに日本では、7人乗り仕様のRX450hL(AWD仕様)を2017年12月中に発売する予定だ。

 国内では、三菱アウトランダーやマツダCX-8、海外では先日世界初公開されたばかりのスバル アセントなどが発表・発売され、国内外で3列シートSUVにトレンドがあることがうかがえる。

 各メーカーは3列目にも快適性を持たせ、また多彩なシートアレンジやユーティリティを備え、アウトドアシーンから日常生活までバリエーション豊かな使い方を提案している。

 具体的な数値として、アウトランダーは全長4695mm、CX-8は全長4900mm、アセントは全長4998mmとアウトランダーが少々短いながらも、3列目に乗車した場合にそれを補うかのように2列目シート下へ足を入れられる空間を設けている。またアセントでは新型プラットフォームであるSGPを導入して静粛性もアップさせるなど、従来3列目は乗り心地がいまいちとされていたイメージを一掃し、3列シートの居住性を高めている。

 どのメーカーもいかにライバルとの差別化を出していくかが、今後の売れ行きに影響していくのが目に見えている。そんな激戦セグメントへ切り込んでいく、RXの持つラグジュアリーな居住空間の仕上がりは、我々の期待を上まわること間違いなしではないだろうか。

  • レクサスRX350hL
  • レクサスRX350hL
  • レクサスRX350hL
  • レクサスRX350hL
  • レクサスRX350hL
  • レクサスRX350hL
  • レクサスRX350hL
  • レクサスRX350hL
  • レクサスRX350hL
  • レクサスRX350hL
  • レクサスRX350hL
  • レクサスRX350hL
  • レクサスRX350hL
  • レクサスRX350hL
  • レクサスRX350hL
  • レクサスRX350hL
  • レクサスRX350hL
  • レクサスRX350hL
  • レクサスRX350hL
  • レクサスRX350hL
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ