注目のオーテックコンセプトも3台登場! 日産が東京オートサロン2018の出展概要を発表

業界 WEB CARTOP

EVやミニバン、SUVなどさまざまなモデルで走る楽しさを追求

 日産自動車と同社の関連会社であるオーテックジャパン、およびニッサン・モータースポーツ・インターナショナル(ニスモ)は、2018年1月12日(金)から14日(日)まで開催されるカスタマイズショー「東京オートサロン2018」への出展概要を発表した。

 今回の東京オートサロンでは、日産カスタマイズの軸として掲げる「グランドツーリング」の要素を盛り込んだリーフ/NV350キャラバン/Xトレイルのコンセプトモデルなどを展示する。

 リーフ・グランドツーリングコンセプトは、ブラック&マットシルバーの2トーンカラーを身に纏い、オーバーフェンダーや大径ホイールなどを装備して迫力をアップ。スポーティなルックスに仕立てている。インテリアもブラックの内装色をベースにして、スタイリッシュな1台に変身している。

 NV350キャラバン・グランドツーリングコンセプトは、前後プロテクターやオーバーフェンダーを装着し、ボディグラフィックを施したクールな出で立ちに。街中だけでなく、アウトドアでも使える仕様にモディファイ。インテリアはこだわりのガレージをそのまま移植したような空間を演出。オンでもオフでも活躍すること間違いなしのカスタムとなっている。

 Xトレイル・グランドツーリングコンセプトは、プレミアムコロナオレンジのボディカラーに大胆なグラデーションのボディグラフィックを施し、張り出したオーバーフェンダーがアグレッシブさを強調。アクティブにアウトドアを楽しみたくなるようなルックスに仕上げた1台。

 これ以外にも多数のコンセプトモデルを展示する。フェアレディZヘリテージエディションは、アメリカ仕様がベース。エクステリアはミラーやボディにブラックのアクセントを施し、インテリアにはイエローのアクセントを取り入れている。

 オーテックからは、オーテックコンセプトと名付けた3台のコンセプトモデルを展示。2018年春に発売予定のセレナe-POWERをはじめ、ノートe-POWER、Xトレイルの3台が展示される。

 エクステリアにはプレミアムスポーティを具現化するため、こだわり抜いたディテールとメタリックシルバーの専用パーツを採用。上質さと先進性を表現している。

 また、インテリアには、オーテックのイメージカラーであるブルーを随所に施した、個性的かつエレガントな空間を演出している。ハンドリングや加速感といった走る楽しさはニスモと共有しつつも、乗り味はオーテックならではのチューニングを施している。

 このほか、エルグランド特別仕様車/セレナニスモ/リーフニスモコンセプト/ノートe-POWERニスモ(ニスモスポーツパーツ装着車)/GT-Rニスモ/Xトレイル・ニスモパフォーマンスパッケージ装着車などを展示。

 さらに、スーパーGTに参戦するモチュール・オーテックGT-Rの2016年参戦仕様も登場する。

 また、ブース内にはグッズ販売コーナーが設置されるほか、各種トークイベントなども予定。新たに加わったオーテックのコンセプトモデルも含め、気になるクルマが盛りだくさんの日産ブースへぜひ足を運んでみてほしい。

  • 日産東京オートサロン2018
  • 日産東京オートサロン2018
  • 日産東京オートサロン2018
  • 日産東京オートサロン2018
  • 日産東京オートサロン2018
  • 日産東京オートサロン2018
  • 日産東京オートサロン2018
  • 日産東京オートサロン2018
  • 日産東京オートサロン2018
  • 日産東京オートサロン2018
  • 日産東京オートサロン2018
  • 日産東京オートサロン2018
  • 日産東京オートサロン2018
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ