ハイブリッド車はバッテリーが上がったクルマの救援ができないって本当?

コラム WEB CARTOP

車種によってはハイブリッドシステムが故障するので厳禁

 冬はバッテリーが弱り、過放電が起こりやすい季節。JAFの2016年年末〜2017年年始のロードサービス救援依頼内容を見ても、一般道では、過放電バッテリーが第1位(1万4647件全体の37.89%)。出かけようと思って、エンジンをかけようとしたらスターターが弱々しくしか回らない……。

 こんなピンチでも、ブースターケーブルがあれば、JAFのお世話にならなくても何とかなるはずだが、救援を頼もうと思った友人、知人、近所の人がハイブリッド車だとすると、救援してもらえないということをご存じだろうか?

 ハイブリッド車には高電圧(200V以上)の駆動用バッテリーと、12Vの補機用バッテリーがある。この補機用バッテリーと故障車のバッテリーを、ブースターケーブルでつなげれば救援できるような気がするが、ハイブリッド車で他車のバッテリー上がりを救援するのは、厳禁とされる。

 その理由についてトヨタのお客様相談センターに確認してみたところ、「ハイブリッド車の補機用バッテリーと、ガソリン車のバッテリーをブースターケーブルでつないで救援しようとすると、救援車のエンジンがかかった瞬間、大電流が流れ、ハイブリッド車の電源系統やハイブリッドユニットが故障する可能性があるので、ハイブリッド車でバッテリー上がりのガソリン車を救援することはできません」とのことだった。

 その一方で、ハイブリッド車の補機バッテリーが過放電になりシステムが起動しないときは、ガソリン車から救援してもらうことは可能とのこと!

 ハイブリッド車の補機バッテリーが上がったら、ボンネット内のカバーを外し、救護用の端子(+)に赤のケーブルをつなぎ、救援車の+端子とつなぐ。次に救援車の−端子に黒ケーブルをつなぎ、それをハイブリッド車のエンジンルームの未塗装の金属部につないで、始動させればOK。

 他車の救援はできないけど、自車は救援してもらえるというのはなんだか理不尽というか、不平等な気もするが、そういうシステムになっているのでバッテリー上がりになってしまったときは、ハイブリッド車以外に救援を頼むということを覚えておこう。

 ちなみにハイブリッド車の補機バッテリーもガソリン車のバッテリーと同じように、平均すると4年前後で寿命になることが多い。定期的に交換し、バッテリー上がりにならないよう気をつけよう。

  • バッテリー上がり
  • バッテリー上がり
  • バッテリー上がり
  • バッテリー上がり
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ