【大阪オートメッセ2018】TRDが仕立てたアルヴェルはシンプルながらスポーティさを強調するデザイン

業界 WEB CARTOP

欧州車よりクラウン・コンセプトTRDがいい! という声も

トヨタのカスタマイズパーツの開発、販売を行っているTRDは、2018年2月10日から12日までインテックス大阪で大阪オートメッセに出展している。ブースにはアルファードTRD&ヴェルファイア TRDとクラウン・コンセプトTRDが展示されている。

ブラックを纏うアルファードTRDは、LED付きのフロントスポイラーやリヤバンパー、ホイールといったパーツを装着。もともと迫力のあるフロントマスクの重厚感がさらに増している。またサイドスカートもさりげなくメッキを取り入れることで、いいアクセントとなっている。なお、ヴェルファイアTRDも同様なパーツを装着している。

1月の東京オートサロンのときはヴェルファイアが発売したばかりということもあり、納車前などの購入層でも現実味がなく見る人が少なかったようだ。しかしオートメッセが開催されている2月10日の時点では発売から日にちも経っていることもあってか、これから買う人、買った人が多く訪れて相談されるという。

「先代モデルはエアロを派手にしていましたが、所有者からもっとシンプルに後付け感のないTRDらしい仕上がりにしてほしいという声もありました。今回はベースのキャラクターラインを害さないように仕立て上げました」と企画・開発推進グループ主任の栗本さんが話してくれた。

クラウン・コンセプトTRDはノーマルの展示がなく、どこか違うかわからないという声もあったようだ。下まわり1周とホイール、マフラー、トランクスポイラーにマットブラックのボディラッピングを纏い独自の世界観を演出している。ショーカーということもあり、車高はギリギリまで下げている。来場者から「これだったら欧州車よりもクラウンを買おうかなって思います」という声もあった。

  • 大阪オートメッセ
  • 大阪オートメッセ
  • 大阪オートメッセ
  • 大阪オートメッセ
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ