ハイエンドオーディオメーカー「ビーウィズ」が新技術を投入した次世代スピーカーを出展! 【大阪オートメッセ2018】

業界 WEB CARTOP

高音質な新スタンダード3ウェイモデルが14万円台で買える

国産ハイエンドカーオーディオ・メーカー「ビーウィズ(BEWITH)」は、次世代スタンダードスピーカー『Reference AM(リファレンス エーエム)』シリーズを搭載するポルシェ911カレラ4Sほか、メルセデスベンツS400、トヨタ・ヴェルファイアを「大阪オートメッセ2018」(2月10日~12日・大阪市インテックス大阪で開催)」6B号館で公開。各デモカーのオーディオシステムの試聴会が開催され、多くのギャラリーが端正なサウンドを体験した。デモカーの911カレラ4Sの装備は、バックミラーに被せて使うオーディオプレイヤー『MM-1DK』、プロセッサー『STATE Limited』、1chパワーアンプ『P-100 Lemited』、そしてセパレート3ウェイスピーカーシステム『Refarence AM Trio』という構成。スピーカーを除く上記の特別仕様機は、3月3日から限定で発売される。

サウンドの頭脳といえるデジタルプロセッサーは従来からの『STATE』をベースにさらに昇華し、『STATE Limited』として深化した。これに、ルームミラーに被せて装着するオーディオプレイヤー『MM-1DK/6』の2点を組み合わせた『STATE Limited Package L』40セット限定(54万円・税別)、および「MM-1DK」専用ケーブル『ML-3.0』の3点を組み合わせる『STATE Limited Package S』20セット限定(53万円・税別)。また1chパワーンプ『P-100』をベースに音調整を施した『P-100 Limited』は300台限定(6万円・税別)と、それぞれ販売が予定されている。

デモカーのトランクルームのフロアには、デジタルプロセッサー『STATE Limited』を中心に1chアンプ『P-100 Limited』を搭載。ドアの純正位置にインストールされたセパレート3ウェイスピーカーシステム『Refarence AM Trio』のトゥイーター/ミッドレンジ/ウーファーの各スピーカー1基ずつに1chパワーアンプ『P-100 Limited』が割り当てられたマルチシステムを構築している。

S400はカーオーディオショップ「カーオーディオスタジアム」の常設デモカー。

スピーカーは『Reference AM Trio』のセパレート3ウェイシステムを純正位置にインストール。ルームミラーには『MM-1D Sunrise』、STATE  A6R、P100R×6台という構成でオーディオユニットを露出させないインストールを実践。リニアPCM再生ほか純正オーディオも高音質で楽しめる。

ヴェルファイアは兵庫県のオーディオショップ『NE-style』のデモカー。シンプルで高音質を狙うというコンセプトをもとにソースユニットは純正ナビ。ナビの内蔵アンプでスピーカーを駆動する。純正スピーカー位置には、『Reference AM Duo』セパレート2ウェイスピーカーをインストール。開発中の車種専用インナーバッフルで取り付けられているのだ。

このバッフルはトヨタ用ほか、各車種の製品が近日発売されるという。スピーディーに確実な取り付けができるようになることは間違いない。

最後に、ビーウィズが目指す高忠実度再生を実現したReference AM(L-25R/2.5cm dome tweeters、8.8cm mid-ranges、16.5cm woofers)は、同社のハイエンドスピーカーシリーズの中ではリーズナブルな価格設定。8.8cm2ウェイは8万4000円(税別)、16.5cm2ウェイが9万9000円、16.5cm3ウェイは14万8000円となっている。いずれも高音質サウンドが得られる特出すべきモデルだ。フロントの音創りといえば2ウェイが主流だが、3ウェイを根強く愛好するファンが多いのも事実。8.8cmのミッドレンジの存在は非常に大きい。新開発、AM(アルミ-マグネシウム)ダイヤフラムを採用したサウンドをぜひ聴いてほしい。

  • ビーウィズ
  • ビーウィズ
  • ビーウィズ
  • ビーウィズ
  • ビーウィズ
  • ビーウィズ
  • ビーウィズ
  • ビーウィズ
  • ビーウィズ
  • ビーウィズ
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ