その場所! その方法! 本当に適切? 納得のいかない警察の交通違反取り締まり3選

コラム WEB CARTOP

違反する方が悪いものの違反を未然に防ぐのも警察の役目では……

 子どもの頃、警察官は正義の味方として頼もしく思っていた人は多いだろう。しかし、大人になると警察官に対していいイメージを持つ人はグッと少なくなる。その原因のひとつとして、警察が交通取り締まりを受け持っていて、多くのドライバーが納得のいかない取り締まりを受けたことがあるためだと考えられる。実際周囲の人間からそういった声を聞くことも多い。

 交通違反で捕まったときに収める反則金は、年度の初めに予算があらかじめ決められており(平成26年度で、701億円!)、現場の警察官はそのノルマを達成するためもあり、ときに理不尽に思える取り締まりも実施しているというのが現状だ。

1)速度取り締まり

 その際たるものが実際の道路状況にそぐわない低い速度制限を設け、実勢速度と制限速度に大きなギャップがある、見通しがよく交通量も少ない道路で行う、通称ネズミ取り!

 普段わりとハイペースで飛ばすドライバーほど、ネズミ取りには敏感なので、郊外のネズミ取りで捕まっているのはいつもは交通違反と縁のなさそうな善良そうなおじさん、おばさんが多かったりする……。

 実際に制限速度をキッチリと守っていれば、捕まることはないのだから、捕まったほうが悪いというのは当然だ。だが、現実問題として速度違反をする人は相当数いて、警察だってすべてを取り締まるのは不可能。それならば、子どもたちの通学路で通学時間に行うなど、より安全を重視すべき場所で取り締まりを行うべきなのではないだろうか?

 残念ながら、ネズミ取りは、前述のとおり、見通しがよく事故が少ない道路で行われていることが多い。これでは取り締まられた人でなくても納得がいかない人も多いだろう。

 また、高速道路でも新東名高速で2017年11月から一部110km/h制限の試行区間がやっと設けられた。1963年に日本で最初の高速道路が開通して以来、半世紀以上も最高速を100km/hに制限されてきたのだが、半世紀でクルマの性能は飛躍的に向上し、また安全性もアップしている。それなのにずっと100km/hであったということは、取り締まりのために速度引き上げに反対してきたと思われても仕方がないだろう。

 警察にはより効果的で安全に寄与する場所で取り締まりを行ってほしいが、制限速度を超えての走行は言うまでもなく違反。守ることはドライバーの義務であることを肝に銘じてほしい。

2)一時停止違反

 さて、納得できない取り締まりといえば、やはりスピード違反が一番だろう。その次は、一時停止違反を隠れて取り締まっている例。徐行して左右の安全を確認しているにもかかわらず、「完全に止まらなかった」と言って、隠れた場所から追いかけてきてキップを切るというパターン。

 隠れたりせずドライバーに見えるところに立っていれば、みんなきちんと止まるはずなので、「安全第一」だ。そして全車に一時停止を徹底させるのが目的なら、隠れて取り締まるのはナンセンス。

 なぜなら、取り締まる警察官を動員している時点で、見える場所に立つための人員が足りないという言い訳はできず、さらに一時停止をしないと事故が起きる可能性があるから一時停止を徹底させたいのだ。つまり隠れている警察官は事故の危険を見逃していることになる。危険をあえて放置してことが起こってから捕まえるのはいかがなものだろうか?

 そもそも「一時停止」の標識があるところでも徐行で十分だったり、どちらの道が優先道路かがわかるように表示すれば、とくに止まる必要がない場所も多い。

 この手の取り締まりも、警察に対する不信感が増すだけで反省する人はほとんどいないのが現状だ。

3)駐車違反

 あとは問答無用の駐車違反。駐車違反の取り締まりを民間に委託し、時間の長短や悪質性などは考慮せず、1分でもクルマを離れれば駐車監視員が写真を撮って確認標章の取付けを行う。

 これも、緊急車両が通行できなくなってしまうような場所など、明らかに迷惑や危険を伴う場所を優先して行っていれば納得がいくが、実際そうはなっていない。駐車違反が起こりやすい場所=ドライバーがあまり迷惑にならないと考える場所で数を稼いでいる印象が拭えない。

 これも速度違反と同じで、違反する人が悪いのは当然だが、違反はゼロにはならず、全員を取り締まることは不可能だ。取り締まる場所の優先順位を今一度見直すべきだと思うがいかがだろうか?

 ましてや民間委託ともなれば目的は営利追求であって、交通安全や円滑な交通は、建前と捉えられても仕方が無いだろう。

  • 交通違反
  • 交通違反
  • 交通違反
  • 交通違反
  • 交通違反
  • 交通違反
  • 交通違反
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ