まだ目的地じゃなかった! 高速道路で間違えて出口レーンに入った場合の「損しない」対処法とは

コラム WEB CARTOP

ひとつ手前で降りてしまった際も「追加料金なし」で乗り直せる

 高速道路で、目的のインターを通り過ぎてしまった際の対処法は、WEB CARTOPにて「裏技!高速出口を間違えても追加料金ナシでUターン」として紹介済みだが、目的地のひとつ手前のインターチェンジで出口レーンに向かってしまった場合は、どうすればいいのか?

「NEXCO東日本お客様センター」に確認してみたところ、間違って目的地の手前で本線から降りてしまった場合も、目的地を通り過ぎてしまったときと同じように、「特別転回」制度が利用できるとのこと。

「特別転回」を利用する方法は簡単。

 1)本線を降りたら、そのまま料金所へ向かう。

 2)このとき、ETCカードは車載器から抜いておき、無人のETCゲートではなく、有人の一般ゲートに進み、係員に「降りるインターチェンジを間違えてしまった」と事情を説明する。(ETC利用者はカードを提示。通行券の利用者は、通行券を係員に渡す。

 3)係員の指示に従って、Uターン。ゲート過ぎて、すぐにUターンが可能なインターもあれば、一度、一般道まで出てUターンする必要があるインターチェンジもあるので、Uターンの方法も係員の誘導どおりに。

 4)Uターンできたら、係員のいる一般ゲートに向かい、「特別転回」であることを伝える。料金所を通過したら、ETCカードを挿入し、目的地方面の本線に向かえば完了。

「特別転回」の手続きをすれば、通行料は追加料金なしで、正しい目的地のインターで降りたときと同じ料金が適用されるので安心してほしい。

 いうまでもなく、高速道路での逆走やバックは非常に危険で、重大な違反行為。降りるインターを間違ってしまったとしても、落ち着いて有人の料金所まで進んで、「特別転回」の手続きをお願いしよう。ただし、係員のいない、スマートインターなどの料金所をはじめ、インターチェンジの構造等によっては対応できない場合があるので要注意。同様に、係員の指示を仰ぐことなく、一度料金所を通過してしまうと、「特別転回」は適用されなくなるので、気をつけよう。

  • 特別転回
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ