新ブランド「オーテック」のセレナが熱い! ガソリン車に加えてe-POWERにもラインアップ

業界 WEB CARTOP

ノーマルとはひと味違う高級感がポイント

 ついに登場した、日産セレナe-POWER。2016年に追加設定された、ノートe-POWERに続く第2弾である。搭載する1.2リッターガソリンエンジンは発電のみに使用し、すべてモーターのみで駆動する電気自動車だ。車重もボディサイズもノートより大きく上まわるセレナだけに、エンジンやバッテリーは専用セッティングが施されている。

 セレナe-POWERは、ベースモデルとハイウェイスターの2種類が用意されているが、忘れてはならないのが新ブランド「オーテック」の存在だ。コンプリートカーとしては、すでに日産のモータースポーツを担当する「ニスモ」の名を冠したモデルが多数リリースされて人気を博しているが、2017年11月に新設定されたのがオーテックだ。

 オーテックは、ニスモと同様にスポーティさを強調している。走りの部分ではニスモで培った技術をフィードバックさせ、これまで生み出してきたカスタマイズカーのノウハウも注ぎ込んでいる。そうした走りの良さに加えて、随所に盛り込まれた高級感がウリのプレミアムブランドなのだ。

 そのオーテックブランドの第1弾として登場したのが、セレナというわけだ。まず今年1月に、ガソリンモデルを発表。続いて、今回のe-POWERモデルを追加した。

 まず注目したいのがエクステリアだ。鮮やかなシャイニングブルーのボディカラーはオーテックの専用カラー。高級感を演出するドット柄のフロントグリルが特徴的だ。

 また、フロントバンパー下部やサイドシルプロテクター、リヤバンパー、そしてドアミラーなどをメタル調フィニッシュとして、エレガントさを際立たせている。

 インテリアもオーテックのこだわりが随所に散りばめられている。シートはクリスタルスエードシートと呼ぶ専用表皮となり、ヘッドレストにはオーテックのロゴが刺繍で施される。また、シートやステアリング、ダッシュボードなどのステッチもそれに合わせてブルーとなっている。

 また、オーテック・スポーツスペックとオーテック・セーフティパッケージ(4WD)にはオプションとして、セレナ全グレードで唯一となる本革シートが用意されている。

 そうしたセレナ オーテックのなかで、走りをさらにこだわりたいオーナーにオススメなのが、ガソリン車のみに設定される“スポーツスペック”だ。よりダイレクトな運動性能を追求するために、ボディ要所を補強。さらに、専用の17インチアルミホイール&ミシュラン・パイロットスポーツ4を装着してリニアなハンドリングを実現する。そして極めつけは専用チューニングコンピュータ&専用マフラーを装備したことで、気持ちよい加速を実現している。

 ノーマルのセレナよりもワンランク上の走りと、高級感を味わえる内外装をもつオーテック。どちらにもこだわる大人のための1台に仕立てられている。走りのニスモに続いて登場したプレミアムスポーティブランドの、今後の展開に注目したい。

  • 日産セレナオーテック
  • 日産セレナオーテック
  • 日産セレナオーテック
  • 日産セレナオーテック
  • 日産セレナオーテック
  • 日産セレナオーテック
  • 日産セレナオーテック
  • 日産セレナオーテック
  • 日産セレナオーテック
  • 日産セレナオーテック
  • 日産セレナオーテック
  • 日産セレナオーテック
  • 日産セレナオーテック
  • 日産セレナオーテック
  • 日産セレナオーテック
  • 日産セレナオーテック
  • 日産セレナオーテック
  • 日産セレナオーテック
  • 日産セレナオーテック
  • 日産セレナオーテック
  • 日産セレナオーテック
  • 日産セレナオーテック
  • 日産セレナオーテック
  • 日産セレナオーテック
  • 日産セレナオーテック
  • 日産セレナオーテック
  • 日産セレナオーテック
  • 日産セレナオーテック
  • 日産セレナオーテック
  • 日産セレナオーテック
  • 日産セレナオーテック
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ