ボディへの飛び石放置はNG! 誰でもできる対処法とは

コラム WEB CARTOP

鉄板が剥き出しになっている場合は早めに補修

 ダンプカーの後ろを走っていたりすると、突然当たるのが飛び石だ。最悪の場合、ガラスが割れてしまうのだが、そうならないにしても塗装が剥げたりすることもある。ピシッと点で当たるので、大きく凹むというよりも点で塗装が欠けるといった感じだ。大ダメージというわけではないが、放置するのもなんとなく気がひけるものだ。

 塗装が欠けてしまうということは鉄板がむき出しになることもあって、そうなると放置どころではなくなってしまうのでなんとかしたい。もちろん早期発見が重要になるので、洗車のときにでもボンネットやルーフまわりを点検しておくといいだろう。

 では、見つけたらどうするか? 表面だけ欠けて、白い地が出ている場合はさび止めが活きているので緊急性はなし。白い地が見えない場合は鉄板まで出ている可能性があるので、至急対策をする必要がある。

 いずれしても、対策としてはどうすればいいのか? 一番簡単なのはタッチペンだ。ディーラーで買ってもいいし、カー用品店で売っている社外品でもいいので、1本もっておくとなにかと使えるのでオススメだ。

 ただ、これを付属の筆を使って、ちょんちょんと差せばいいというものではない。もちろんそれでもサビや腐食防止という点ではいいけど、付属の筆はあくまでもおまけ。バサバサしていて、点で指すには太すぎて、仕上がりも今ひとつ。

 そのとき使うのが爪楊枝で、先が尖っていて使いやすいし、終わったら捨てればいいのでとても便利だ。

 またすぐにタッチアップできればいいけど、時間が経っているとそこに汚れが入っていることがある。そうなると塗料の乗りが悪くなるので中性洗剤を使って水洗いし、よく乾燥させたあとに、塗るようにしよう。

  • 飛び石
  • 飛び石
  • 飛び石
  • 飛び石
  • 飛び石
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ