近ごろ個性派車種のタクシー車両が増えた理由とは

コラム WEB CARTOP

座席やドアに関する基準が緩和されたため自由度が上がった

 タクシー車両のトピックスといえば、2017年秋にトヨタがクラウン・コンフォートの後継として、LPガスハイブリッドユニットを搭載する、JPNタクシーが正式発売になったこと。JPNタクシーも東京都内ではかなり見かけるようになったが、個人タクシーを中心に多彩な車種がタクシーとして都内などでは走っている。

 国土交通省は2015年6月12日に“タクシー車両の基準緩和等について”というリリースを発表している。これによると、タクシーなど乗車定員10人以下の旅客自動車運送事業用自動車に係る基準の廃止を行ったとしている。

 廃止されたのは、 ①座席の寸法に関する基準 ②通路の幅と高さに関する基準 ③乗降口の大きさ、構造等に関する基準 ④緩衝装置及び座席が旅客に与える振動、前方の座席との間隙等に関する基準 つまりそれまでは、タクシー車両として使える車種は限られたものとなっていたが、基準が緩和されたことで、事実上どんな車種でも使えるようになったのである。

 過去には初代マークXがデビューしたときに、個人タクシーとして使おうとしたら、後席ドアの開口面積が基準を満たしておらず、面積を広げるための改造が必要となっていた。

 2005年にレクサスブランドが日本展開したときには、初代ISが改造を行っても、タクシー車両としての要件を満たす後席ドアの開口面積が確保できなかったそうだ。そして、それがブランドイメージを保つために、意図的にそのような設計にしてタクシー車両に使われないようにしているなどと、販売現場で説明を受けたとの話も聞いたことがある。

 つまり、タクシー車両として鉄板だった、クラウンやセドリックはタクシー車両としての要件を満たしているだけでなく、自動ドアの設置などの改造も容易であったこともあり、タクシー車両として大勢を占めていたのである。

 過去に韓国ヒュンダイ自動車が日本市場で乗用車の販売を行っていたころには、グレンジャーを購入すると、タクシー車両として必要な改造費が無償になるサービスがあったのは有名な話である。

 基準緩和以降にミニバンタクシーが増えてきているのは、すでにリヤスライドドアが電動オートクロージャーとなっているので、自動ドアに改造する手間がいらないことも大きいと聞いている。

 JPNタクシーもリアスライドドアはセミオートクロージャーを採用しているので、その点では自動ドアへの改造が不要となっている。

 また最近では都内でも、個人、法人を問わず日産ノートeパワーのタクシーを頻繁に見かけるようになった。当初は「そんなコンパクトカーでどうなの?」という話も多かったが、実際ステアリングを握るドライバーさんからは、「自家用車と変わらない雰囲気でY31セドリックなどに比べれば運転しやすい」と意外なほど好評。利用客からも、ひとりで利用する乗客などからは、「ひとりだからこれぐらいで大丈夫」と、スンナリ受け入れられているとのことである。

 基準緩和前からメルセデス・ベンツEクラスやSクラスのタクシー車両も走っていたが、少し前にドライバーさんに聞いた話では、「メルセデス・ベンツというクルマ自体はもちろん性能は抜群ですが、やはりドイツのクルマなので都内の舗装道路にベストマッチはしていないのか、足まわりの硬さが目立ちます。ただロング(長距離利用)のお客さまを乗せて高速道路を使うなどのシチュエーションではさすが、という性能です」とのことであった。

 ただ、メルセデス・ベンツも近年では中国などの新興国でよく売れるようになってからは、だいぶ足まわりも軟らかめになっている印象なので、以前ほどではなくなっているかもしれない。事実某大手タクシー会社ではベンツSクラスをタクシー車両として採用し、おもに都内から成田空港までの送迎に使っているが、いつも予約でいっぱいになるほどの人気の高さとのことである。

 ちなみに成田空港では詳しい事情はわからないが、三菱デリカD:5の法人タクシーをよく見かけるようになった。

 ただし、長年タクシー車両として使われてきて、今でも多くのタクシードライバーが使用しているクラウンなどのほうが、多く使われているだけにメンテナンスコストや、タクシー車両として使うためのバックアップなどが充実している。その便利さから、いまでも不動の人気の高さを誇っているのもまた事実である。

  • タクシー
  • タクシー
  • タクシー
  • タクシー
  • タクシー
  • タクシー
  • タクシー
  • タクシー
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ