ロードスターにも流用可能!? アバルト124GTにハードトップを装着したクールなモデルが登場!

業界 WEB CARTOP

残念ながら日本への導入は今のところ予定なし

 多くのメーカーが新型モデルを発表しているスイス・ジュネーブモーターショーが2018年3月6日から行われている。マツダ・ロードスターがベースの「アバルト124スパイダー」に、取り外し可能なハードトップを装着しスペシャルエディション『124GT』が登場した。

 マツダ・ロードスターといえば、日本には1.5リッターエンジンのソフトトップタイプと2リッターのリトラクタブルハードトップ(電動)をラインアップしている。アバルト124は、独自のチューンを施した1.4リッターターボエンジンを搭載し、ボディ形状は幌型タイプの展開しかない。

 今回披露されたハードトップはカーボン製で非常に軽量。重さは16kgというのだから、取り外しも1人で簡単に行える。専用ボディカラーのシルバーに組み合わされたカーボン地は素直にクールで格好良い。ちなみに、リヤウインドウは後方視界を得るために大きめにしている。

 ホイールは通常モデルよりも3kg軽い、OZ製の17インチアルミホイールを採用。ミラーキャップはカーボン地と赤が選択でき、またボンネットも同色とマッドブラックの2タイプが用意される。エンジンなどは特に変わっておらず、価格も未定だ。

 ちなみに、アバルト関係者に2点ほど質問してみた。

──こちらのハードトップはマツダ・ロードスターにも装着可能ですか?

「アバルトの専用品なのでロードスターには装着できません」

──車両もしくは部品単体で日本への導入は考えていますか?

「今のところ日本導入は未定です」

 アバルト124スパイダーオーナー、そしてマツダ・ロードスターオーナーには残念な答えだったが、日本でも人気が高いだけに、次なる展開を望みたいところだ。

 また、アバルトのブースではイタリアのヨットメーカーである「リーバ」とコラボレボレーションをした695を展示。お洒落なボディカラーに内装はウッドパネルや7インチタッチスクリーンなどを装備している。

  • アバルト124GT
  • アバルト124GT
  • アバルト124GT
  • アバルト124GT
  • アバルト124GT
  • アバルト124GT
  • アバルト124GT
  • アバルト124GT
  • アバルト124GT
  • アバルト124GT
  • アバルト124GT
  • アバルト124GT
  • アバルト124GT
  • アバルト124GT
  • アバルト124GT
  • アバルト124GT
  • アバルト124GT
  • アバルト124GT
  • アバルト124GT
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ