晴れた日に太陽の下での洗車はNG! その理由とは

コラム WEB CARTOP

水滴がレンズのようになって塗装にダメージを与える

 今日は晴れたから洗車でもしようか、というのは誰でも思うこと。気分もよくてはかどりそうだが、じつは天気の見極めは洗車において重要なのだ。

 雨はもちろんダメだが、晴天は季節によっては避けたい。なぜなら、シャンプーや水滴が乾きやすいから。同じ理由で、風の強い日も避けたほうがいいだろう。

 カーシャンプーというと、塗装に優しい感じがするかもしれないが、薬品には変わりはない。だから塗装面に残ったまま乾燥すると、シミの原因になることがあるのだ。

 ワックスも同様で、固形のように乾燥前に拭き取るタイプは拭き取りが間に合わないこともあるし、乾燥させてから拭き取るタイプでも焼きついたようになってしまうこともある。

 やはり、気温が高くない、曇りの日がベストで、晴天の時に洗車がしたいなら、日陰を探すか、朝夕に行うようにしたい。作業もスピーディに行なうのが基本だ。

 さらに、いわゆるピーカンを避ける理由のひとつが、ウォータースポットがある。これは水滴がレンズになって日光が集まり、塗装を焼いてしまう現象のことをいう。症状の軽いものであれば磨けば取れるが、ひどいものは塗装内部にまでダメージが及ぶので磨いても落とすことはできなくなってしまう。

 そのように説明してもピンとこない人はけっこう多いのだが、よく見ると丸いシミができていて、指でこすっても落ちなくなっているクルマは意外に多い。露天の駐車場に駐めているクルマでも起きるので、気になる人はよく見てみるといいだろう。稀有な例ではないのだ。

  • 洗車
  • 洗車
  • 洗車
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ