毎年進化のトヨタ86が年次改良! 新色の「青」が追加も機能面は変更なし

業界 WEB CARTOP

毎年進化の86だがついに完成型か?

 毎年、ボルト剛性のアップやアルミテープの追加、サスペンションの仕様変更など、年次改良で確実に進化を遂げている86。今年の変更点は、ボディカラーの追加のみとなっている。追加されたのは、ブライトブルーである。もともと86には、アズライトブルーという濃いブルーの設定があったのだが、今回追加されたブライトブルーは、明るく晴れた青空が似合うボディカラーになっている。

 思えば86は、これまでに限定車も含めて多彩なボディカラーを投入してきている。サンライズイエローやソーラーオレンジ、ソリッドグレーなど渋めの色から、派手なものまで、さまざまなバリエーションを展開している。その一方で廃盤色があるのも事実。ブライトブルーが気に入った人は、早めに手を打った方が良い。

 今回、走行性能についての変更が行われなかったということは、86の性能が成熟してきた証でもある。ブライトブルーは、いかにもスポーツカーにピッタリなカラーだ。暖かくなるこれからのシーズン、爽やかなカラーの86を手に入れてドライブに出かけてみてはいかがだろう。

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ