伝説の名車が蘇った! ニュー・ストラトスは7169万3479円というプライスで間もなく納車開始

業界 WEB CARTOP

フェラーリF430をベースに往年のボディラインを再現

スーパーカーというよりはラリーカーとして知られるランチア・ストラトスが現代に蘇った。顧客からの依頼を受けてカスタム・チューンを行うカスタムビルダーの「マニファットゥーラ・アウトモビル・トリノ」から25台限定で発売される。プロジェクト名(車名)はニュー・ストラトスとなる。

ニュー・ストラトスを紹介する前に、ランチア・ストラトスを簡単に説明したい。1970年にイタリア・トリノサロンでベルトーネ(イタリアのカロッツェリア:デザイン工房)のチーフデザイナーだったガンディーニの手によってデザインされた、プロトタイプモデル「ストラトス・ゼロ」が登場した。当時は未来過ぎたデザインに誰もが市販するとも誰もが思わなかったという。1.6リッターエンジンを搭載し、乗り込みは驚くことに正面から。フロントウインドウがガバっと開き、先端の黒い部分に足を乗せてコックピットに収まる。

翌年の1971年イタリア・トリノーショーで市販に近いモデル「ストラトスHF」を発表。ストラトスは市販車の開発と同時に、1972年にプロトタイプモデルのままラリーに出場をしていた。さすがにいきなり結果は出せなかったが、ラリーに出場して見えた欠点を解消。そこで培ったノウハウは、すべて市販モデルに取り入れていたこともあり年数を重ねるごとにクルマとしての完成度が高くなっていった。

そして1974年のジュネーブショーで最終形となったモデルがデビューを果たした。ガンディーニが手掛けた直線的なデザインは、勝つために生まれたモデルとは思えぬほど美しく、かっこいい。

全幅はトヨタ86よりも20mmほど縮めた1750mmだが全長は3710mmと軽自動車並みのサイズ。さらにストラトスの2180mmという驚くほど短いホイールベースはホンダ・ビート(2280mm)よりも短いが、これもラリーで勝つための戦略。オーバーハングを可能な限り短くしシャープなハンドリング性能を得た。

ミッドシップレイアウトを採用し、フェラーリ・ディーノへ搭載していた2.4リッターV6エンジンは190馬力を発揮する。開発段階ではエンジンがなかなか決まらず、ランチア製かマセラティ製、さらにはフィアット用の2リッターのエンジンを積むという話もあった。

こうして市販モデルはラリーに出場するレギュレーション(ルール)をクリアするために502台(諸説あり)が生産されたと言われている。ストラトスは1974年にWRC(世界ラリー選手権)に正式参戦。そこから多くの栄光を残していった。ラリーそのものには、1972年か1982年までの10年間出場し、幕を閉じた。ラリーの他にもサーキットで活躍していたこともあり、もう何十年も前の話だが、日本の博物館に展示されていた。現在、日本国内には約50台近くあると言われている。

さて、本題のニュー・ストラトスの話に移ろう。2010年のジュネーブショーで発表された「フェノメノン・ストラトス」から8年の月日が経過し、ようやく販売へと至った。半円形のフロントガラスや、フロント中央に大きく備えたグリル、リヤまわりは丸形のテールランプやルーフとテールスポイラーなど現代の復活ふさわしいデザインモチーフをしている

安全面からも同じようなデザインをそっくりそのまま再現することはできなかったが、遠くから見てもストラトスということがわかる。全長4181mm×全幅1971mm×全高1240mmは、当然ながら初代とは比べられないが、全長はアウディTTの1.8リッターモデルとほぼ同じとなる。

フェラーリF430のアルミフレームを切り詰めたシャシーを使い、エンジンもF430と同じ4.3リッターV8をリアにマウント、最高出力は540馬力/519N・mを発揮する。0-100km/hの加速は3.3秒、最高時速は最大330km/hに到達する。

車両テストはWTCCドライバーと元F1ドライバーのティアゴ・モンテイロさんによって行われ、足まわりやタイヤの組み合わせを探求した結果、ミシュランパイロットスポーツカップ2を採用した。Youtubeなどで公開されている映像を見ても、興奮を覚えるような走りを披露している。

室内の注目ポイントは、ドアインナーのスペースにヘルメットが入るほど広いこと。こちらは、ニューストラトスでも再現されており、ショーに展示されたモデルにも実際にヘルメットを収納していた。

今後の予定は、レース仕様のほかに砂漠地で行われれるラリーのサファリ仕様も展開する予定だという。ボディカラーの情報は特にないが、初代のように、レッド、イエロー、ライトグリーン、ブルー、ネイビーの5色でぜひとも展開してほしいところだ。

価格は7169万3479円(1ユーロ:130.3円換算 3月17日現在)で販売され、納車は2018年4月から行われる。基本的に左ハンドルのみだが、右ハンドルの設定も注文時に設定できるという。当時のライバルだったアルピーヌA110が現代に復活し、ニューストラトスをともにモンテカルロを走行するシーンを見てみたいものだ。

  • ランチア・ストラトス
  • ランチア・ストラトス
  • ランチア・ストラトス
  • ランチア・ストラトス
  • ランチア・ストラトス
  • ランチア・ストラトス
  • ランチア・ストラトス
  • ランチア・ストラトス
  • ランチア・ストラトス
  • ランチア・ストラトス
  • ランチア・ストラトス
  • ランチア・ストラトス
  • ランチア・ストラトス
  • ランチア・ストラトス
  • ランチア・ストラトス
  • ランチア・ストラトス
  • ランチア・ストラトス
  • ランチア・ストラトス
  • ランチア・ストラトス
  • ランチア・ストラトス
  • ランチア・ストラトス
  • ランチア・ストラトス
  • ランチア・ストラトス
  • ランチア・ストラトス
  • ランチア・ストラトス
  • ランチア・ストラトス
  • ランチア・ストラトス
  • ランチア・ストラトス
  • ランチア・ストラトス
  • ランチア・ストラトス
  • ランチア・ストラトス
  • ランチア・ストラトス
  • ランチア・ストラトス
  • ランチア・ストラトス
  • ランチア・ストラトス
  • ランチア・ストラトス
  • ランチア・ストラトス
  • ランチア・ストラトス
  • ランチア・ストラトス
  • ランチア・ストラトス
  • ランチア・ストラトス
  • ランチア・ストラトス
  • ランチア・ストラトス
  • ランチア・ストラトス
  • ランチア・ストラトス
  • ランチア・ストラトス
  • ランチア・ストラトス
  • ランチア・ストラトス
  • ランチア・ストラトス
  • ランチア・ストラトス
  • ランチア・ストラトス
  • ランチア・ストラトス
  • ランチア・ストラトス
  • ランチア・ストラトス
  • ランチア・ストラトス
  • ランチア・ストラトス
  • ランチア・ストラトス
  • ランチア・ストラトス
  • ランチア・ストラトス
  • ランチア・ストラトス
  • ランチア・ストラトス
  • ランチア・ストラトス
  • ランチア・ストラトス
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ