ナンバープレートとは違う車台番号って何?

コラム WEB CARTOP

クルマにとっての戸籍のようなもの

 クルマというのはご存じのように、国によって管理されている。税金などもかかわってくるからだが、ナンバーが住民票だとすると、車台番号は戸籍といっていい。だから車台番号は世の中にひとつしかない(ナンバーもひとつしかないが)ものとなる。

 どこで、車台番号が確認できるかというと、まずは車検証。さらに車体にも打刻されている。コーションプレートにもボディカラーや車両型式が載っているが、こちらはあくまでもプレートなのだが、車台番号はバルクヘッドなどのボディに直接打ち込んである。書類として提出する場合は紙を当てて、鉛筆などでこすって拓本を取ってコピーする。

 実際の表示についてはいうと、日本車の場合は17ケタ以内の英数字で表されることが多いが、免許証番号のようにそれぞれの数字に対して、厳密な定めや意味はなく、基本的に車両型式と製造番号の組み合わせだったりするし、輸出モデルはケタが多かったりするし、輸入車も日本車とはまったく違った表示のことも多い。

 いずれにしても、世界にひとつしかなければ、税金が管理できるし、最近では中古車の流通にも活用されている。オークションを通った際に車台番号にひも付けて走行距離や修復歴などを記録することで、いわゆる改ざん車を防ぐことができるので便利だ。ちなみに手数料を払えば、履歴は調べてもらえるので、中古車を買ったけど、不安という人は調べてみるのもいいだろう。

  • 車台番号
  • 車台番号
  • 車台番号
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ