女性に多い「激近ハンドルポジション」に潜む危険とは

コラム WEB CARTOP

守ってくれるハズのエアバックの衝撃でケガをする可能性も

 クルマという機械を操るには、必然的にそれに適した姿勢というのが決まってくる。そこには、ドライバーの好き嫌いが入り込む余地はほとんどなく、正しいドライビングポジションこそ、正しいドライビングを担保する。

 ときどき、ステアリングを抱きかかえるような、妙にステアリングに接近したポジションで運転している人を見かけるが、アレは論外。とくに、背中や肩がシートバックから離れている人は、加速減速、コーナリングのG変化の影響で上半身がグラグラ動くし、クルマからのインフォメーションをお尻と掌だけで感じることになるので、キャッチできる情報量も半分以下になってしまう。

 これでは周囲の危険、異常を認知することや、状況判断することにも大きな支障が出るので危険といえる。

 またステアリングまでの距離が近く、腕が曲がり過ぎていると、適切なハンドル操作がしにくくなるのでよろしくない。ステアリングまでの距離が近い、「激近ハンドル(不慣れな女性に多い)」の人は、ステアリングを握る位置も「11時5分」といった具合に、ステアリング上部に集中しているケースが多い。このように狭くて高い部分のステアリングを握っていると、一度に切れる舵角の量が少なくなるので操作が遅れがちにもなる。

 逆にいえば、ステアリングトップを握るために、ステアリングまでの距離が近くなり、それが「激近ハンドルポジション」の原因のひとつになっているとも考えられる。そしてステアリングと身体が近接しているということは、クラッシュ時に胸部を強打する可能性もかなり増える。エアバッグが作動したとしても、エアバッグの爆発力で、肋骨や内臓を傷める可能性は避けられない。

 そのほか前のめり気味になることで目線が近くなり、身体がホールドされていないので力みやすく、首や肩が凝ったり腰が痛くなったり、疲労度が増すというデメリットも。基本的に、1時間や2時間のドライブで、首や肩に疲労を感じたり凝ったりするようなら、ドライビングポジションに問題があると考えて間違いないだろう。

「激近ハンドルポジション」になってしまう人は、職場や自宅で座るときも椅子に浅く腰掛けて、前かがみの姿勢になる習慣がある場合が多い。それが身体に沁みついて、クルマを運転するときもそうした姿勢を好むのかもしれないが、ドライビングポジションは人とクルマのインターフェイスの要の部分。個人の好き嫌いを優先していい部分ではない。

 クルマの運転席はほとんどの車種に、前後方向位置の調整、背もたれの角度の調整、そして座面の高さを変えるシートリフターなどの調整機能が付いている。これらの調整機能を使いこなしていない、使いかがわからない、あるいは調整するのが面倒だと思って変な姿勢で運転している人も少なくないのではなかろうか。

 とくに背の低い女性は、座面の高さを適切にしないと「激近ハンドルポジション」になりやすいので気を付けてほしい。上記のシート調整に加え、ステアリングのチルト機能(上下の調整)、テレスコピック(前後の調整)などの機能をフルに使って、まずは基本のポジションをしっかり確立すること。

 ベストポジションがよくわからない、シートやステアリングの調整機能の使い方がわからないという人は、近所のディーラーなどに出かけ、一度レクチャーを受けることをおすすめする。繰り返しになるが、ドライビングポジションは、正確な運転と安全に直結している大事な要素。

 好き嫌い云々ではなく、まずはきちっとした『型』をマスターすることが肝要だ。「型を持つ人が、型を破るのが型破り。型がないのに破れば型無し」という格言があるとおり、「激近ハンドルポジションかも」という自覚がある人は、初心に戻って、『型』作りから見直してみよう。

  • ドライビングポジション
  • ドライビングポジション
  • ドライビングポジション
  • ドライビングポジション
  • ドライビングポジション
  • ドライビングポジション
  • ドライビングポジション
  • ドライビングポジション
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ