到底180km/h出ないローパワーのクルマにも速度リミッターは付いているのか?

コラム WEB CARTOP

車種にもよるが付いていない車種が多い

 理由が定かではない部分もあるが、ご存知のように日本車の日本仕様車には180km/hで作動するスピードリミッターが付いている。180km/hになるといきなりスピートが出なくなるわけではなく、フン詰まったようになって、それ以上スピードが出なくなる感じだ。だから、実際には180km/hを少し超えているクルマはけっこうある。

 ちなみにどうやって制御しているかというと、燃料噴射を止めるのが一般的だ(点火を止めると生ガスがそのまま出てしまうため)。

 逆に、リッターカーやミニバンなど、180km/hは出ないであろうクルマにはリミッターは付いているだろうか? 開発者に聞くと、付いている場合と付いていない場合があって、付いていないクルマのほうが多いようである。

 いずれにしても出ないので問題はないのだが、付いていないとしても長―い坂を下った場合はどうなるのか? 答えはそのままどんどんと出てしまう。すでに解説したように、付いている場合でも燃料噴射で抑えるので、転がっているだけで出てしまったものを抑えられない。

 だから、200km/hまで出る可能性はあるが、そもそもそんなに長い坂はないので、試すことすらできない。走行抵抗が大きいので、曲がっていたり、そこそこの傾斜では180km/hまで到達させるのは難しいだろう。

  • 速度リミッター
  • 速度リミッター
  • 速度リミッター
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ