未使用のエンジンオイルにも消費期限はあるのか?

コラム WEB CARTOP

未開封なら5~10年ぐらい経っても品質上はまず問題ない

 ときどきカー用品店などで、在庫処分セールとしてパッケージが古くなったオイルなどを格安に販売しているのを見かけるが、あのオイルは経年劣化や酸化による性能低下の心配はないのだろうか? 結論からいうと、未開封のエンジンオイルなら成分変化はほとんど起きないと考えていい。

 その証拠といえるかどうかわからないが、ほとんどのオイル缶には製造年月日が記されていない(製品によっては、製造年月 製造場所等がわかる記号が刻印されているものもあるが、ユーザーにわかるような記載ではない……)。

 また注意書きのラベルにも、「開封後は早めに使用 云々」とだけあり、とくに消費期限は明記されていない。保管方法にもよるだろうが、未開封のものなら屋内の冷暗所で温度の変化が少なく、湿度が少ない場所にさえおいておけば、5~10年ぐらい経っても品質上はまず問題ない。

 一度開封したエンジンオイルでもきちんと封をして(できれば空気に触れないよう小さな缶などに移して密閉)、湿気のすくない気温の安定した場所に保管すれば、1〜2年なら酸化や劣化の心配をせずに使用できる。そのため、4リットル缶よりお得なペール缶(20リットル)で買い置きし、直射日光の当たらない涼しい場所で保管してオイル代を節約することも可能だ。

 エンジンオイルは、もともとエンジンの内部という過酷な状況下で使用される製品なので、酸化などに対しては基本的にかなりタフ(酸化防止剤等も添加されている)。鮮度が大切なようにも思えるが、常温ならそれほどシビアに考える必要はないので、セール品などがあればまとめ買いしておくのもいいだろう。

  • 未使用のエンジンオイル
  • 未使用のエンジンオイル
  • 未使用のエンジンオイル
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ