中古車の「乗り出し価格」や「支払い総額」って何?

コラム WEB CARTOP

税金や整備に関わる費用などをプラスした価格で車両ごとに異なる

 新車ではなかなか手が出しにくい車両や、昔憧れた絶版車など、われわれの夢や憧れを叶えてくれる中古車たち。そんな中古車の情報を見ていると「乗り出し価格」や「支払い総額価格」と言った表現を目にすることがある。車両に付けられている値札とは異なるこの価格、一体なんなのだろうか?

 自動車を購入し、登録を済ませて公道を走れる状態にするには、ナンバーや登録事項の変更や、点検整備、車検が残っていない車両については車検の取得など、やらなければいけないことがたくさんあるのはご存じの通り。それらの「乗り出すための費用」も含めた「支払い総額」が、この「乗り出し価格」や「支払い総額価格」といったものなのである。

 そのため、その価格は一律ではなく(税金などはある程度決まっているが)、車両の状態によって整備費が多くかかる可能性もあるし、年式が新しい車両の場合は取得税がかかることもある。もちろん、遠方の店舗から購入した場合は、輸送に関わる費用もプラスになってしまう。

 ちなみに最近のエコカーだと「エコカー減税」によって取得税が減税、もしくは免税になっている車種もあるが、中古車で減税を受けるには細かな条件があり、新車時にエコカー減税対象車種だったとしても必ずしも減税が受けられるわけではないので悪しからず。

 もちろん、公道を一切走行しないサーキット専用車や、部品取り車といった使い方をする場合や、登録などに関わる一切を自分でやるということになれば、車両に付けられている車両価格で購入することができる。ただし、自動車は書類が伴う“資産”であり、登録に関わる書類には印鑑登録証明書などの重要書類も含まれることから、登録を購入者がやることにOKを出してくれる販売店は少ないことを付け加えておきたい。

  • 乗り出し価格
  • 乗り出し価格
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ