新型スバル・フォレスターはなぜ外観デザインを大きく変更しなかったのか

コラム WEB CARTOP

現行のデザインから変化ではなく進化させた

 5代目となる新型スバル・フォレスターの北米仕様が日本で報道陣に公開された。アンベールした瞬間に感じたのは4代目の現行モデルと似ている、というもの。なぜ新型は、現行の面影を残したデザインを採用したのだろうか? デザインを手がけた、商品企画本部 デザイン部 主査の大関 透さんにお話を伺った。

──新型車がデビューしたとき、一般ユーザーの楽しみのひとつはデザインだと思います。今回の新型の外観デザインは、現行の5代目を踏襲しているように感じますが、その理由はどういうところにあるのでしょうか?

 大関さん:フォレスターは世代ごとにSUVとしての進化をしてきましたが、先代の良いところは継承しています。その一つがサイズ感ですね。今回もそこはしっかりと押さえつつ、よりアドベンチャラスでアウトドアに行っても楽しく使えそうな印象を出そうということで、先代の良いところはしっかり継承するということを念頭に置きながらデザインしてきました。

──では、一から新型をデザインした結果、たまたま現行に似た、というわけではなく、あくまで現行をベースに考えたということでしょうか?

 大関さん:そうですね。その場その場で新しいモノというよりは、先代モデルの持っているもの、良さは生かしています。その上で時代に合わせ、表情やメッセージを強めなければいけないところはしっかりと表現していくということでこのデザインをしてきました。

──具体的に現行と大幅に変えなかった所、すなわち現行モデルの良さはどこにあるのでしょうか?

 大関さん:コンパクトでありながら十分な室内空間を確保すると、こういった骨格になる、といったところですかね。ボディ外寸を大きくしすぎずしっかりと容積を取るパッケージングを踏襲しているところです。

──顔つきも現行の面影があると思いますが、ここをガラッと変えなかった理由はなんですか?

 大関さん:スバル共通のヘキサゴングリルとコの字型ヘットランプでデザインをしてきています。それぞれのSUVに合わせたバランスだったり、XVのようにスポーティな顔つきであったりバランスは変えていますが、やはりフォレスターの持っている厚み、サイズ感に合わせた最適なバランスを作ってきたのがこれ、というのが答えです。

──スバルのアイデンティティとフォレスターらしさは、現行車にも投入されていて、それを活かしつつ新しさを出しているから似たようなイメージになるということでしょうか?

 大関さん:そうですね、先代から変化というよりは進化をさせてよりたくましく、そこがしっかりと見えるようにしました。それであれば、ずっとフォレスターを愛してくれている方にもご理解いただけると思いますし、今回新型を見てくださった方にもよりたくましさが伝わると思っています。

──あえてガラリと変える必要がないぐらい先代も完成度が高かったという側面もありますか?

 大関さん:はい、先代も完成度を高めてやってきていますし、新型に関してもそこをゼロにするのではなくて、ちゃんとその上に積み上げてさらに魅力を高めるといった考え方で作りました。デザインはもちろん、中身の商品自体もそう言った考え方で積み上げてきたところがポイントですね。

──今回の一番のデザインのテーマ、ポイントは、先ほどお話のなかにあった、アウトドアシーンに似合うと言うところですか?

 大関さん:そうですね。より力強く、立体感がしっかり出てたくましい姿にしたいというのが一番の目的です。そもそもフォレスター自体、クルマのサイズは大きくないですが、室内空間がかなり広いという特徴があります。ボクシーなスタイルをしっかりと強調するために、フェンダーを張り出して容積感を保ちながら、しっかりとした骨格が見えるようなデザインにしました。

──こちらの、オレンジ色がアクセントに入れられたクルマがスポーツというグレードですよね。今回アウトドアシーンを表現したということですが、クルマにおいてアウトドアとスポーツというと相反するイメージがあるのですが、その意味を教えてください。

 大関さん:スポーツにもいろんな解釈があます。クルマでいうと、いわゆるスポーツカーに代表されるような、スポーツドライビングなどの意味もありますが、このフォレスターのグレードに関しては、アウトドアスポーツの意味のスポーツです。私たちはどうしてもスポーツドライビングと捉えがちですが、北米の方々にとってはスポーツの意味が広く、アウトドアアクティビティを含むアクティビティすべてがスポーツ。たとえば自転車とかも含めてですね。

──このボディ各所に取り入れられたオレンジのアクセントですが、ボディカラーに関係なくこの色を採用しているのですか?

 大関さん:はい、これはスポーツというグレードに共通の色として入っています。

──オレンジという色を採用した意味はなんでしょうか?

 大関さん:オレンジという色がエナジーカラーで、アクティブなイメージということで採用しています。よくアウトドアツールでも黒とオレンジの組み合わせがあり、それが機能的でありながらアクティブな印象になるので、フォレスターにも採用しました。

──オレンジというのはアウトドアシーンの差し色として定番なんでしょうか? ライバルメーカーの三菱自動車でもアクティブギアというラインアップにオレンジを使っています。

 大関さん:そうですね。私たちはスバルXVでも同じようにオレンジでアクティブな世界感を表現しています。そことの共通性も持たせながら表現した、という考え方です。

──今SUVが人気で、色々な車種が出ています。SUVの人気の理由のひとつに、たとえば都会のお洒落なホテルから、未舗装のアウトドアまで幅広いシーンに対応できるということがあると思います。そうしたなかで今回のフォレスターはアウトドアを意識したことですが、都会的なシーンでの使用といった部分はどうですか。デザインの中には織り込んでいるのでしょうか?

 大関さん:そうですね、こちらのオレンジ色を配したスポーツ、そしてツーリングと2つのグレードを見ていただくとわかると思いますが、この力強さは街中にあっても邪魔になりません。むしろ必要なもので、街中でもしっかりとした骨格の強いものは、堂々としていて安心して見えると思います。ただ、グレード分けとしては、ツーリングは、力強く、内装に関しても質感を高めたので都会的な使われ方に、よりマッチする方向。スポーツはよりアウトドアに入っていけるようなアドベンチャラスなイメージを強めています。

──繰り返しになりますが、一般の方がグレード名を聞くと、スポーツのほうがオンロードで使うようなイメージになると思いますが、ツーリングのほうがオンロードイメージなんですね。

 大関さん:はい、スポーツはグリルも黒で締めてフロントまわりもより堂々と力強くしています。向かっている先はアウトドアなんです。

──よく見るとスポーツとツーリングではモールも素材を変えているんですね。ツーリングにはメッキというか光沢のあるものになっていて。

 大関さん:そうですね。スポーツはブラックアウトして精悍な印象にしています。

──確かにスポーツは力強いですが、走り系のイメージもありますよね。ホイールの色などもそういった印象を受けます。先ほど意味合いが違うと言いましたが、スポーツドライビングをする人にも好まれそうな雰囲気もありますよね。

 大関さん:もちろん走りもすごくいいクルマになっていますので、お客様の使われ方が広がっていただければ良いと思います。

──今回の新型は、現行モデルに比べて全高は5mm下げ、一方で幅と全長は拡大して室内を広げたということですが、日本ではボディが小さいほうが使いやすいという面があると思いますが、何か工夫されたことはありますか?

 大関さん:新型は「モダンキュービックフォルム」というキーワードで開発し、四角いスクエアなフォルムですが、しっかりとフェンダーを張り出しています。これはボディの寸法があれば簡単ですが、取り回しのしやすい寸法のなかで、いかにしっかりとフェンダーや骨格を力強く見せるということが、このクルマをデザインする中で一番こだわったところです。なのでフェンダー自体も離れて見ると立体感がありますが、実際は取り回しのしやすい寸法に抑えています。力強く見せることと取り回しのしやすい寸法に抑えることのバランスを取ることに一番注力しました。

──実際に運転したときに、現行に比べて大きくなって使いづらいという印象は受けないのでしょうか?

 大関さん:それは現行と変わらないと思います。

──インテリアデザインについてはいかがですか?

 大関さん:室内は今のクルマよりもかなり広くなっていて、インテリアのコンソールの幅の広くなっており、高さも増えていますので、広さだけでなくより力強くて安心感のある内装になっています。ドアトリムも座ると肩から腕まで沿うようにパットが付いていて乗る人をしっかりとサポートしてくれる形状にしました。全体として、いわゆる装飾華美な質感の高さというよりは、しっかり使って頼もしい、頼りになる、そういった機能と質感を一緒に作り上げたというのがフォレスターの内装の質感の新しい考え方です。

──今ヘッドライトを小さめに作るのが世界的なトレンドであると思うのですが、フォレスターは非常に大きくしっかりとしたヘッドライトですよね?

 大関さん:顔の強さを表現する方法は色々あると思いますが、しっかりと前を見据える目つきというか、このクルマにはこの大きさが合っていると思いました。また中のプロジェクターも大きくしっかりとしたものにしています。このようにいろいろなところをより力強く表現しました。

──力強さを一番表現したかったから闇雲にお洒落さを追求せず、アウトドアアクティビティに向いたイメージをしっかり打ち出したんですね。ありがとうございました。

  • 新型フォレスター
  • 新型フォレスター
  • 新型フォレスター
  • 新型フォレスター
  • 新型フォレスター
  • 新型フォレスター
  • 新型フォレスター
  • 新型フォレスター
  • 新型フォレスター
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ