子どもがいても諦める必要なし! 家族に気づかれないファミリーカーの皮を被ったスポーツモデル5選

コラム WEB CARTOP

ファミリーカーの皮を被ったスポーツモデルは意外と多い

 独身時代から「走りがいい」クルマに乗り続けてきた男性にとって、何より恐怖なのは……。結婚し、子どもが生まれ、奥様から言われるひとこと。「次はもっと広くて便利なクルマにしてよね」ああ、これは「男をやめろ」と宣告されたも同然! スポーツカー仲間たちからは「お前もヒヨったな」なんて囁かれ、あんなに好きだったクルマの運転が楽しくなくなっていく絶望感。昔は「ミニバンは男の墓場」だなんて言われたほどでしたね。

 でも、時代は変わりました。男性の皆さん、もうそんなに怖がらなくていいのですよ。奥様や子どもには家族想いの満点パパを演じつつ、じつは走りがよくて自分も楽しめるという、「ファミリーカーの皮を被ったスポーツカー」がたくさんあるんです! 見た目はいかにも広くて使い勝手が良さそうだけど、じつはメチャクチャ走りがいい。そんな、ママにバレずに買える「隠れスポーツ系ファミリーカー」をご紹介したいと思います。

1)日産セレナニスモ

 トップバッターは、日産セレナニスモ。もう名前からして、モータースポーツファンならゾクゾクしてきますよね。見た目は8人乗りのミドルクラスミニバンながら、ニスモカラーのラインがグルリと下まわりを囲み、エアロやスポーツマフラー、17インチアルミなどニスモ専用パーツが満載。

 でも、大丈夫です。全体的なイケイケ感は控えめだから、ママも違和感なく受け入れてくれるはず。ま、ちょっとフロントシートがミニバンにしてはサイドサポート張り出し過ぎで、やる気出ちゃってる印象なんですが、そこは「カーブでも身体を支えてくれるから疲れにくいよ」なんて、うまいコト言ってお茶を濁してくださ〜い。

 肝心の走りの方も、日本最高峰のツーリングカーレース「SUPER GT」に参戦しているGT-Rなどで培ったノウハウをフィードバックした空力デザインに始まり、専用サスペンションやボディ補強、高性能タイヤなどでガッシリとした仕上がり。この成果はスポーティな走りだけでなく、先進安全技術の「プロパイロット」作動時の挙動がノーマルのセレナよりスマートになる、乗り心地がフラット、というママにも嬉しいポイントにも表れているので、家族のためにもいいチョイスになりそうです。

 ちなみにこうしたスポーティ仕様のミニバンでは、トヨタ・ノア/ヴォクシーのGR SPORT、ホンダ・ステップワゴンのモデューロXも実力高め。あわせて検討してみることをオススメします。

2)スバル・レヴォーグ

 お次はいくら家族のためとはいえ、「ミニバンにはまだ抵抗があるんだよね」という男性にぴったりなスバル・レヴォーグ。開発テーマが『日本の道とユーザーをいちばんに考えた』というだけあって、ボディサイズは大きすぎず、ほとんどの機械式立体駐車場が利用可能です。

 ステーションワゴンだからラゲッジの広さ、使い勝手も優秀だし、最新バージョンの「アイサイト・ツーリングアシスト」が搭載されていて、全車速追従機能つきACC&ステアリングアシスト機能はかなり実用性の高いもの。ノロノロ渋滞や首都高のようなカーブの多い高速でも、安心快適に走ることができるとなれば、ママ受けの良さはまず確実でしょう。

 でも、そんなママには見えない部分に隠された、レヴォーグのスポーツ魂はすごいですよ。1.6リッターモデルもありますが、買うなら迷わず2リッター直噴ターボ「DIT」+スポーツリニアトロニックを指名してください。堂々の300馬力/400N・mを誇るパワートレーンときたら、のっけから爆発的な加速フィール。常時四輪駆動で高速コーナーもなんのその。雨の日だってなんだって気持ちよく駆け抜けてくれるんです。この爽快かつ豪快な走りは、クセになること間違いなし。

 1つ難点といえば、ハイオクガソリンを使うことでしょうか。まぁ、ママに給油を頼まず自分で毎回引き受ければ、バレずに済みそうですけどね。

3)三菱アウトランダー

 さらにさらに、ミニバン嫌いの人やトレンド重視の人には、人気のSUVから2台をチョイス。まずは知る人ぞ知る俊足SUV、三菱アウトランダーです。

 走りがいいSUVといえばトヨタC-HRも有名ですけど、家族で乗るにはちょっと後席が狭いんです。アウトランダーなら後席もラゲッジも十分な広さがあるし、スライド&リクライニング&折り畳みでシートアレンジ自在。3列7人乗りモデルが選べるのも魅力的ですよね。

 走りの方は、なんといってもWRCにも参戦していたランサーエボリューションで培った、「速く走る・曲がるための4WD技術」がフィートバックされているのがキモ。以前、サーキットやジムカーナコースで試乗したときに、あまりの楽しさにSUVだなんてことを忘れて夢中で攻めてしまったほどでした。しかも、それが雪道でも味わえるのがすごいですよね。

走りを際立たせる機能が与えられたモデルも!!

 4)ホンダ・ヴェゼル

 そしてもう1台、SUVからホンダ・ヴェゼル。全長4.3mほどのコンパクトクラスに属するSUVですが、同クラスのSUVのなかで、ヴェゼルはダントツに後席が広くて、低床フロアのラゲッジも大容量。シートアレンジが多彩なので、子どもが小さなうちから成長するまで、いろんなシーンに合わせて使いやすいのがイイところ。デザインも若々しいですよね。

 で、走りの良さで群を抜いているのは「HYBRID RS Honda SENSING」というトップグレード。モーターアシストによるモリモリとした加速フィールはもちろん、足まわりに18インチアルミホイール、RS専用パフォーマンスダンパーを奢り、VGR(可変ステアリングギヤレシオ)とパドルシフトもあってキレのいいステアフィールが味わえます。ガソリンモデルのRSにも同様の装備があるんですが、ハイブリッドはバッテリーが床下に搭載される分、低重心なドッシリ感が増して乗り心地も上質に。室内の静かさもアップするので、そんなところもママに気に入ってもらえそうですよね。

5)MINI クロスオーバー

 さて、最後の1台は輸入車から。女性からも「一度は乗ってみたい」とラブコールの多い、MINIです。なかでもMINIクロスオーバーは、室内も荷室も広いのにMINIの世界観はそのままの空間で、カラーコーディネートの選択肢も豊富。オプションでラゲッジフロアの下に収納できる「ピクニック・ベンチ」なんて、遊び心のある装備があったり、アクセサリーだって可愛いものが山のようにあるので、どれにしようかな〜って、ママもウキウキでカタログを見てくれること間違いなし。

 でもじつは、こんなに可愛いMINIが乗ったらとんでもないジャジャ馬スポーツカーだなんてことを、ママはまだ知らない……。クロスオーバーはちょっと車重が重いから、出足は鈍めだけど、MINI伝統の「ゴーカートフィーリング」は健在。JOHN COOPER WORKSは見た目がちょっとやりすぎ感あるので、COOPER S ALL4かCOOPER SD ALL4あたりがよさそうです。

 家族のためと言いつつ、自分が気持ちよく走れる「隠れスポーツ系ファミリーカー」たち、いかがでしたでしょうか。牙を抜かれる寸前かと覚悟を決めていた男性のみなさまも、ちょっとは希望を持っていただけそうでしょうか?

 じつは我が家も少し前に、夫がいきなり「昔欲しかったスポーツカーの出物があるから買いたい」などと言いだし、大ゲンカになったんですよ〜。古いし狭いし税金高いし、私や娘になんのメリットもないのに、ただ自分が気持ちよく走れるからってだけで買いたいなんて、そんなの許せるワケないわ。

 ここに挙げたクルマたちなら、奥様にも子どもにもちゃんとメリットがあるから大丈夫。話を切りだすときは、あくまで最初にそのメリットを伝えて、ママの心をつかんでくださいね〜。ご健闘を祈っております!

  • 走りのいいファミリーカー
  • 走りのいいファミリーカー
  • 走りのいいファミリーカー
  • 走りのいいファミリーカー
  • 走りのいいファミリーカー
  • 走りのいいファミリーカー
  • 走りのいいファミリーカー
  • 走りのいいファミリーカー
  • 走りのいいファミリーカー
  • 走りのいいファミリーカー
  • 走りのいいファミリーカー
  • 走りのいいファミリーカー
  • 走りのいいファミリーカー
  • 走りのいいファミリーカー
  • 走りのいいファミリーカー
  • 走りのいいファミリーカー
  • 走りのいいファミリーカー
  • 走りのいいファミリーカー
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ